クリス・ヘムズワース、俳優休業を計画中 ─ 「我が子を学校に送りたい」

映画『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズのほか、『ゴーストバスターズ』(2016)などに出演するクリス・ヘムズワースが、家族と過ごすために俳優業を一時休業する計画を立てているという。英The Times誌のインタビューで本人が語った。

2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)でマーベル・スタジオとの出演契約を満了したヘムズワースは、現在、2011年の出演作品『キャビン』を手がけたドリュー・ゴダード監督との再タッグによるスリラー映画『バッド・タイムズ・アット・ザ・エル・ロイヤル(原題:Bad Times at the El Royale)』の撮影中。同作を終えたあと、最低6ヶ月間の休業を検討しているということだ。

ゴーストバスターズ

『ゴーストバスターズ』より © COLUMBIA PICTURES © 2016 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

クリス・ヘムズワース、俳優業の一時休業を検討中

ヘムズワースと妻の女優エルサ・パタキーは2010年に結婚。その後、2012年に長女が誕生、2014年には双子の息子を授かっている。休業についてヘムズワースは、「子どもたちを学校に送っていきたいんです。丸1年休むかもしれませんね」とコメント。ちなみに「お金を用意して、ケリをつけて、サーフィンで残りの人生を過ごす時が来たんですよ」と彼らしいジョークも添えている。

今やハリウッドになくてはならないスター俳優であるヘムズワースは、家族との生活の一方で、大作映画の撮影やプロモーションのため、長期にわたって家を空けることも少なくなかったようだ。しかし、そうした生活については「一切後悔してません。ただ、もう少し(家族と)過ごしたくなったんです」と述べている。なにせ家を出る時には、子どもたちが泣いて頼んでくるというのだ……。

「あれはキツいですよ。家を出ていこうとすると、子どもたちが“行かないで!”って泣き始めるんです。僕にはどうしようもないんで、“プレゼントを持って帰ってくるからさ”って言いますね。そしたら、みんなが“ああ、オッケー”って。雰囲気が変わるんです(笑)。」

こうして休業を計画するに至った彼は、ちなみにこんな持論を語ってもいる。

「この前、どれだけの時間が過ぎていくんだろうって、妻と話をしたんですよ。娘が5歳半で、息子たちが3歳半。でも、どれだけ一緒の時間を過ごしても、十分だとは思えないんでしょうね。いつも、すごく疲れるんですよ。おじいちゃんやおばあちゃん、ベビーシッターの手を借りてる時でさえ。」

ともすれば2018年の途中から、ヘムズワースはしばらく俳優業を休むことになるのかもしれない。しかし『マイティ・ソー』(2011)以来、思えばヘムズワースはあらゆる作品に出演しつづけており、いうなれば“働き詰め”のような印象すらあった。もしも本当に休業するのだとしたら、ここできちんと充電して、今後のさらなる活躍を改めて楽しみにしたいところだ。

ヘムズワースの次回出演作品『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Sources: https://www.thetimes.co.uk/article/chris-hemsworth-i-cant-just-be-a-puppet-any-more-8nbwh9k6m
http://comicbook.com/marvel/2018/01/25/chris-hemsworth-marvel-cinematic-universe-retire-thor/
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-5309341/Chris-Hemsworth-says-RETIRE-acting-2018.html

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。