Menu
(0)

Search

クリス・ヘムズワース、『マイティ・ソー』刷新の手がかりは『ゴーストバスターズ』 ― 「出演して本当に良かった」

ゴーストバスターズ
© COLUMBIA PICTURES © 2016 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『マイティ・ソー』シリーズで雷神ソーを演じているクリス・ヘムズワースは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)におけるソー役のイメージ刷新に、リブート版『ゴーストバスターズ』(2016)での経験を役立てていたことを明かした。

リブート版『ゴーストバスターズ』にて、クリスはゴーストバスターズの事務員であるケヴィン役を演じ、コメディセンスをいかんなく発揮して新境地を開拓。米Esquire誌のインタビューによれば、クリスは台本をもとにセリフや演技を自由に組み立てていく“即興演技”に同作で初めて目覚めたという。

「(『ゴーストバスターズ』は)今までで一番楽しかった撮影現場のひとつですね。僕にとっては、きっとあれが即興演技の出発点だったと思います。それまではいつも、とにかく脚本に忠実にやりたいと思っていました。演技の選択肢をきっちり計画して、どんなシーンになるのかを理解してね。ある程度、安全に演じていたわけです。でも、あの映画ではそういうところを全部放り捨てた。新しいやり方を見つけられたと思いますね。」

ゴーストバスターズ
© COLUMBIA PICTURES © 2016 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポール・フェイグ監督によって導かれた即興演技の魅力、そのやりがいについて、ヘムズワースはこのように語っている。

「すごく自由で、クリエイティブの面でも満足できて、それからとにかく楽しいんです。脚本通りのセリフでは得られない自然さを生み出せますからね。今では(演技に)失敗しそうなギリギリのところに身を置きたい。どうなってしまうのかわからない、コントロールを失ってしまうかもしれないようなところにね。それが大切だと思いますよ。(撮影では)全員で、それから僕自身も考え続けたいんです。その様子を見ているのは面白いですよ。」

完全に即興演技の虜になったヘムズワースは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手がけたタイカ・ワイティティ監督のもとで、さらに自由な作品づくりに臨むことになる。なにしろ同作は、全編の80%以上が即興演技で構成されていたというのだ。

「(マーベル映画でも)『マイティ・ソー バトルロイヤル』から即興演技を取り入れています。あの映画は大部分が即興でしたね。だから、その前にポール(・フェイグ)と仕事ができていて本当に良かったですよ。サタデー・ナイト・ライブに何回か出たことや(編注:バラエティ番組。ヘムズワースはコントに出演)、『お!バカんす家族』(2015)もね。
『マイティ・ソー バトルロイヤル』に出た時は演技にすごく熱中しました。タイカ・ワイティティも(即興演技について)同じ意見だったんです。その方針は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも引き継ぎました。」

2019年公開『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』はシリアスな展開になることが予想されるが、ヘムズワースは次も即興演技を存分に取り入れているのだろうか……?
なおマーベル以外でのヘムズワースの最新作は、2018年10月に米国で公開される『Bad Times at the El Royale(原題)』。こちらはスリラー映画ということで、また違った切り口の演技を観ることができそうだ。

映画『ゴーストバスターズ』(2016)のブルーレイ&DVD、『マイティ・ソー バトルロイヤル』MovieNEXは現在発売中。
なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館で公開中だ。

Source: Esquire
© COLUMBIA PICTURES © 2016 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly