Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』次回作、第1作のキャラクターが25年ぶり再登場へ ─ イーサンを追った男、ユージーン・キトリッジ

ミッション:インポッシブル
© Paramount Pictures 写真:ゼータ イメージ

トム・クルーズ主演の大人気スパイ・アクションシリーズ『ミッション:インポッシブル』の続編2部作(第7作・第8作)に、シリーズ第1作に登場したヘンリー・ツェニー演じるユージーン・キトリッジが再登場する見込みだ。米The Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

1996年公開の第1作『ミッション:インポッシブル』は、トム・クルーズ演じるIMF所属のイーサン・ハントが、内通者の罠によって“裏切り者”との濡れ衣を着せられ、事件の真犯人を捜す物語。本作に登場したキトリッジはIMFを監督するCIAエージェントで、イーサンを裏切り者と確信して迫る役どころ。ヘンリーはその後のシリーズ作品には出演しておらず、このたび25年の時を経てのシリーズ復帰となる。

シリーズ第5作『ローグ・ネイション』(2015)、第6作『フォールアウト』(2018)に続いて2本の続編を手掛けるクリストファー・マッカリー監督は、SNSにヘンリー・ツェニーの写真を投稿し、過去から逃れることは出来ない…と意味深な言葉を添えている。マッカリー監督は、かねてからSNSでキャストを随時発表していることから、ヘンリーの出演も確かなものとみられる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

There is no escaping the past… #MI7MI8

Christopher McQuarrie(@christophermcquarrie)がシェアした投稿 –

新作への続投が判明しているのは、イーサン・ハント役のトム・クルーズ、イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン、ベンジー・ダン役のサイモン・ペッグ。また新キャストとして、『X-MEN』シリーズのニコラス・ホルトが悪役を演じるとされているほか、『キャプテン・アメリカ』ペギー・カーター役のヘイリー・アトウェル、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のポム・クレメンティーフ、『ジョーカー』(2019)のシェー・ウィガムが出演する。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年7月23日、第8作は2022年8月5日に米国公開予定(ともにタイトル未定)

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly