スーパーマン役ヘンリー・カヴィルが『007』ジェームズ・ボンド役に興味を抱く2つの理由

映画『マン・オブ・スティール』(2013)や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)などのスーパーマン役で知られる俳優ヘンリー・カヴィルが、人気シリーズ『007』のジェームズ・ボンド役について語った。

ジェームズ・ボンドといえば、6代目を務めるダニエル・クレイグが2019年公開の第25作をもって卒業するため、その後継者についての予想が広がっているキャラクターだ。出演最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)での経験を踏まえて、ヘンリーは“7代目”就任への興味を明かしている。

『 ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督

©THE RIVER

ヘンリー・カヴィルがボンド役に興味を抱く理由

Yahoo!のインタビューで、ヘンリーは「DC映画や『ミッション:インポッシブル』に出演されていますが、ほかのシリーズに出たいとは思われますか? ジェームズ・ボンドとか…」という質問を投げかけられている。そこでヘンリーは「もちろんやりたい」と答えたのだった。

「(ボンド役は)もちろんやりたいですよ。すごく楽しい役だろうと思います。イギリス人なのもいいですね。『ミッション:インポッシブル』で本物のスタントをやれたので、そういう仕事への気合いが入ってるんです。」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より © 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

『ミッション:インポッシブル』シリーズといえば、主演のトム・クルーズが自らムチャなスタントに挑むのが見どころの一つ。スーパーマン役ではCGを駆使したアクションに挑んでいるヘンリーだが、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ではトムに並んで肉体勝負のスタントに挑んでいるのだ。

「(『007』では)本物のスタントをやっていないにしても、僕が言いたいのは、今回学んだことを自分のものにして、ボンド映画のような作品に役立てるのは楽しいだろうと思います。それにイギリス人の役はぜひ演じたい。あまりイギリス人を演じる機会がないんですよ。だから(ボンド役の)機会があればと思いますし、もしオファーがあれば“イエス”と言うでしょうね。」

 

ところでヘンリーは、6代目ボンドが選出された2005年、ダニエル・クレイグと並んで有力候補に名前の挙がっていた人物である。『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)を手がけたマーティン・キャンベル監督はヘンリーを推したというが、当時まだ22歳だったために「ボンドには若すぎる」として起用を見送られたのだとか。それから13年以上が経過して、もしや7代目として登板する可能性もあるか…?

なおヘンリーが出演したスパイ映画といえば、ガイ・リッチー監督による洒脱な一本『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)が記憶に新しい。こちらも続編を待望する声が多い作品だが、ヘンリーによれば「いつやるのか、やれるのかどうかわからないんです」とのことだ。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、2018年8月3日(金)より全国ロードショー

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

Source: Yahoo!

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。