Menu
(0)

Search

ディズニー『ヘラクレス』実写版、今も進行中 ─ ルッソ兄弟、脚本の進捗明かす

ヘラクレス
© Buena Vista Pictures 写真:ゼータ イメージ

2020年4月、ディズニー・アニメーション『ヘラクレス』(1997)の実写化企画が始動。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)アンソニー&ジョー・ルッソが製作を、『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』デイブ・キャラハムが脚本を担当すると報じられていた。当時は企画の初期段階と報じられていたが、果たして現状はどうなっているのだろうか。

Colliderのインタビューにて、ジョー・ルッソは本作の進捗について尋ねられたところ、「素晴らしい作家であるデイブ・キャハムが、脚本を書いているところです。来週か再来週には何か見られるでしょう」と明かした。どうやら企画は順調に進んでいるようだ。

アニメ『ヘラクレス』は人間界で育ったヘラクレスが、神に戻るまでの冒険を描いたファンタジー・ミュージカル。オリジナル楽曲が継承される可能性について問われたところ、ジョー・ルッソは「内容については伏せさせてもらいます。観客には私たちが取り入れる新鮮な要素を、自ら探して欲しいと思っています」と回答している。

結局のところ、中身については今回も一切明らかにされることはなかったが、過去のインタビューでアンソニー・ルッソは、オリジナル版をそのまま継承するわけではないと語っていた。

「マーベル映画でも同じように取り組みました。コミックから直接映画に落とし込むことはしません。同じ物語であれば、コミックを読めば済むと私たちは考えているので。ですので、私たちは異なる物語を届けます。オリジナルに影響を受けながらも、複数の新しい要素を作品に取り入れたいんです。」

ちなみに、アンソニー&ジョー・ルッソは監督として、トム・ホランド主演『チェリー(原題:Cherry)』を控えており、2021年3月12日よりApple TV+にて世界独占配信される予定。その他、ライアン・ゴズリング&クリス・エヴァンス主演映画『The Gray Man(原題)』も待機中だ。

あわせて読みたい

Source: Collider(1,2

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly