Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』スピンオフ『ホブス&ショウ』は往年のバディ・アクション映画に ─ 参考は『リーサル・ウェポン』『48時間』

© Universal Pictures

ワイルド・スピード』シリーズの筋肉コンビ、ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)を主人公とするスピンオフ映画『Hobbs and Shaw(原題)』の製作準備が進行中だ。今作では往年のバディ・アクションムービーの要素が取り入れられるかもしれない。監督を務めるデヴィッド・リーチがIGNによる最新のインタビューで示唆している。

「1980年代や1990年代のバディ・ムービーってありますよね」と語るリーチ監督。「『リーサル・ウェポン』や『48時間』みたいな。映画人として、それらの作品が強く心に訴えかけてくるんです。バディ・ムービーのおかげで、僕はまず第一に映画製作者になりたいと思ったんです。」

メル・ギブソン&ダニー・グローヴァーの『リーサル・ウェポン』(1987)、エディ・マーフィー&ニック・ノルティの『48時間』(1982)は、共に凹凸コンビが事件を通じて絆を深めていくという趣旨のアクション映画。リーチ監督は『ワイルド・スピード』シリーズでのドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムの姿に、往年のバディ・ムービーに通じるものを感じ取ったようだ。

「『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)で彼ら(ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム)が起こした化学反応、そして彼らが持つポテンシャルを見て僕は……“イエス!よし、やろう”と言わないほうが難しかったんですよ。」

© Universal Pictures

ルーク・ホブスとデッカード・ショウといえば、『ワイルド・スピード ICE BREAK』では「水と油」の対立を見せていた因縁の2人だ。彼らがコンビを組んむバディ・ムービーとなると…。一筋縄では行かないユーモアたっぷりの掛け合いやアクションに期待したい。

映画『Hobbs and Shaw(原題)』は2019年7月26日に米国公開予定。

Source: IGN

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly