【特集】トム・ホランド&ゼンデイヤ『スパイダーマン ホームカミング』の役柄を語る

ファン待望の新たな映画版「スパイダーマン」、その単独映画1作目が『スパイダーマン ホームカミング』だ。トム・ホランド扮するピーター・パーカーは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で顔見せを果たし、今後の活躍に期待が高まるばかり。ヒロインは子役時代からの演技経験を誇るゼンデイヤが務めるとみられている。

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

ホランドとゼンデイヤはともに20歳。若くてフレッシュな魅力を放つふたりが、このたびハリウッド・レポーター誌に登場し、『ホームカミング』の役柄や世間の反応などについて語った。

若いスターとスパイダーマンの“初対面”

幼いころからスパイダーマンの大ファンだったトム・ホランドは、新スパイダーマンのオーディションがあることを知ると、エージェントに「頼むから受けさせてほしい」と熱望。体操の経験を活かして、バク転や側転をしながら自己紹介するというユニークなビデオをマーベルに送ったという。最終選考のあと、彼はオーディションの結果を意外な形で知ったようだ。

「ベッドでインスタグラムを見てたんだよ。オーディションから1ヶ月くらい後のことだ。そしたらマーベルが写真をアップしてて、“ウェブサイトで新しいスパイダーマンをチェック!”って投稿してた。だからパソコンでマーベルのサイトにアクセスしたら、“新しいスパイダーマンはトム・ホランド”って書いてあったんだ。舞い上がったよ。ブッ飛んだね」

一方のゼンデイヤは、幼いころはスパイダーマンのファンでも、コミックが好きな少女でもなかったという。彼女は「スパイダーマンは成長してからお気に入りになったの」と話している。

「トビー・マグワイアの映画(サム・ライミ版『スパイダーマン』)が公開された時、私はまだ作品を楽しむには若すぎたと思う。でもリブート版が公開された時、私は16歳くらいで、初めてのデートで『アメイジング・スパイダーマン』を観たのよ。夢中になったわ」

『アメイジング・スパイダーマン』主演俳優、シリーズ打ち切りに「感謝してる」?スパイダーマンのマーベル復帰に「こうあるべきだと思ってた」

“新生”スパイダーマンの特徴は?

『スパイダーマン ホームカミング』で初登場となる“新生”スパイダーマンについて、ホランドはこう語っている。

「みんなはこれまで、億万長者や科学者、戦士(のヒーロー)を見てきた。今度は子どもの出番だよ。撮影現場では、いつも“子どもならどう反応するか”ってことを基準に全部を決めたんだ。だからファイト・シーンも子どもに優しいように作ったよ。彼は決して誰かを殴ったりしない。すべてはアクシデントだ。(過去の映画版との)最大の違いは、彼が若くて純粋だということさ」

残念ながらホランドは、過去にスパイダーマンを演じたトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドにはまだ会えていないという。しかし彼は、過去の映画版『スパイダーマン』についてこう語った。

「頼れる映画が5本あることはすごくラッキーだよ。この映画が決まるより前に、すべての作品を観ていたしね。(映画が決まってから)全部をもう一度見返して、スゴいと思ったところ、守りたいと思ったところを選んだんだ」

ちなみに『ホームカミング』には、ピーター・パーカーが「おかしなダンス」を踊る場面があるという。ホランドは「上手いダンスじゃないよ。インターネットのみんなは僕をすごいダンサーだと思ってるよね。まだピルエット(つま先回転)は少しできるけど、僕は決していいダンサーじゃないんだ」と話した。

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

ゼンデイヤの配役は?本人はクールな反応

主演のホランドとともに取材に登場したものの、ヒロインと目されるゼンデイヤの配役はいまだ不明。MJ役という噂が有力(記事)だが、流出した配役資料には「ミシェル」と記されていたほか、彼女自身は噂を肯定も否定もしておらず、むしろファンたちの“予想ゲーム”を面白がっているという。

「みんな反応しすぎよ。(配役について)真実はないわ。みんながデタラメを言ってて、みんなでそれに反応してる。撮影現場で誰かが役名を呼ばれると、いつも“あの人があの役に違いない”って書かれるでしょ。私たちは大笑いしてる。“ご自由にどうぞ。いずれわかるから”ってね」

そう言いつつも、ゼンデイヤは自身の役柄がピーター・パーカーと恋仲になることをはっきりと否定した。

「私のキャラクターはロマンティックじゃないわ。すごくドライで、扱いづらくて、知的な役よ。とても賢いから、人と話す必要なんてないと思ってる。“私はみんなよりもずっと頭がいいし、みんな私のレベルに達してない”って感じ。ヘンな女の子よ。でも、彼女はものを考えてるからクールなんだと思う。いつも何かを考えてて、本を読んでる。私はそういうところが好き。メイクやヘアメイクをしなくていいところもね。(撮影に)ただ来て帰るだけで良かったのよ」

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

一方、ゼンデイヤは「黒人のMJ」という噂にネガティブな声が聞かれたことには明らかな苦言を呈している。“予想外のこと”に過剰反応するファンに対し、彼女はこうコメントしたのだ。

「みんなの住んでるアメリカがわからないわ。私からすると、ニューヨークの街にはいろんな多様性があるし、現実の世界があって、それがとても美しいと思うの。そういうことが反映されるべきだし、反映されているわけ。それを理解しなきゃいけないでしょうね」

ふたりが“一緒に仕事をしたい人”

インタビューの終盤で、ふたりは「これから一緒に仕事をしたい人は?」と質問されている。するとホランドは、

「(レオナルド・)ディカプリオ、(マーティン・)スコセッシ、(クエンティン・)タランティーノ、トム・ハンクス、デンゼル・ワシントン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。もう一度仕事したいのは(フアン・アントニオ・)バヨナだよ。そのことでエージェントとメールを続けてるんだ。小さい役でもやるって」

ホランドにとって、バヨナ監督の作品『インポッシブル』(2012年)に出演したことはとても印象深かったのだろう。しかもバヨナ監督の次回作『ジュラシック・ワールド2(仮題)』にはホランドの出られそうな役があったという。ただし、スケジュールの都合で出演は叶いそうにないようだ。

またゼンデイヤは、タランティーノとスティーブン・スピルバーグのふたりを「仕事をしたい人物」として挙げつつ、「まだ大きな映画を撮ってなかったり、クールなインディーズ映画を撮ったりしてる、これからの才能と仕事がしたい」と話した。さすが、その長いキャリアを感じさせるコメントである。

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

トム・ホランド、「スパイダーマン」は6本契約

ちなみに、ホランドは映画版『スパイダーマン』に3本、その他の映画に3本出演する契約を交わしているとのこと。『スパイダーマン ホームカミング』で始まるシリーズはひとまず3部作で、また『シビル・ウォー』以外の作品にもこれから2本出演するのだろう。しかしホランドいわく「どの映画なのかは僕にもわからない」という。

映画『スパイダーマン ホームカミング』は2017年8月11日公開予定。

sources: http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320
http://www.hollywoodreporter.com/news/spider-man-homecomings-zendaya-responds-casting-controversy-945316
Eyecatch Image: http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-holland-his-spider-man-incarnation-time-see-kid-945320

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。