『スパイダーマン:ホームカミング』各国で公開 ─ 週末1億ドル超え確実、韓国が「ぶっちぎり」記録

映画『スパイダーマン:ホームカミング』が世界各国で封切られ、興行収入記録が続々と明らかになっている。

韓国では7月5日(水)に一足早く公開、初日のみで370万ドルの興行収入を記録。これは、2014年の『アメイジング・スパイダーマン2』の記録を157%上回る。7日(金)までの三日間の合計は1,040万ドルとなり、DEADLINEは「ぶっちぎり」「教養のある市場」と報じた。


新スパイダーマンを演じるトム・ホランドの出身国であるイギリスでは6日(木)上映開始。初日の興行収入は200万ドルとなった。7日(金)の報道時点で340万ドルに達したとされる。また、同じく6日封切りのロシアでは230万ドル、どちらも『アメイジング・スパイダーマン2』の記録を上回る。

ブラジルなどを含めるラテンアメリカ諸国では合計で670万ドルの初日記録に。オーストラリアでは初2日で400万ドルとなり、ソニー配給作品の同国最高記録となった。

スパイダーマンは、本国アメリカでは6日(木)に先行上映、現地時間の同日午後9時には1,540万ドルの高みに到達している。

『スパイダーマン:ホームカミング』は6日(木)に全世界2,530万ドル、7日(金)のみの記録が全世界で4,200~4,500万ドルの興行収入となったと伝えられている。週末記録は当初の8,000万ドルの見積もりを大きく上回り、DEADLINE「1億ドル超えは間違いない、このコースを外れることは有り得ない」と太鼓判。ちなみに、『アメイジング・スパイダーマン2』の週末興行収入は9,161万ドル、『ワンダーウーマン』(2017)は1億325万ドル、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)は1億4,651万ドルとなった。

7月第1週の公開となったのは、全世界の60%。次週より、フランスやドイツでも続々と公開となり、日本には8月11日に上陸。スパイダーマン前作『アメイジング・スパイダーマン2』の日本における週末興行収入は511万ドルだった。

なおソニー・ピクチャーズは、中国での公開日を未だアナウンスしていない。

Source:http://variety.com/2017/film/asia/box-office-spider-man-homecoming-international-1202489977/
http://variety.com/2017/film/news/spider-man-homecoming-box-office-opening-weekend-1202489665/
https://deadline.com/2017/07/spider-man-homecoming-box-office-opening-1202124834/
http://deadline.com/2017/07/spider-man-homecoming-overseas-opening-international-box-office-1202125028/
https://www.comicbookmovie.com/spider-man/homecoming/box-office-spider-man-homecoming-surges-on-friday-for-a-100-million-weekend-a152264
http://www.boxofficemojo.com/showdowns/chart/?id=2017superhero.htm

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。