ジェレミー・レナー、映画撮影中に肘・手首を骨折 ― 『アベンジャーズ』撮影再開までには回復へ

マーベル・シネマティック・ユニバース作品でのクリント・バートン/ホークアイ役、『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)と続編でのウィリアム・ブロント役など、アクション映画に多数出演する俳優ジェレミー・レナーが、映画の撮影中に右肘と左手首を骨折していたことがわかった。

レナーが骨折したのは、アクション・コメディ作品『タグ(原題:Tag)』の現場でスタント・シーンの撮影に取り組んでいる最中だったという。報道当初は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』の撮影中に起きた事故ではないかともいわれていたが、ハリウッド・レポーター誌は、骨折の理由となった作品は『タグ』であると報じている。

2017年7月7日(現地時間)、レナーは最新作『ウィンド・リバー(原題:Wind River)』のため、チェコで開催されているカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に姿を見せた。報道陣に対しては、怪我の状態や今後の予定についてこのように話している。

「やるべき仕事は待ってくれないからね。早く治すし、早く治せるようにあらゆることをしているんだ」

「(骨折は)仕事に影響するものではないよ。朝、着替えることに影響を及ぼしてるね…靴が履けないし。『アベンジャーズ』の撮影が再開するまでに治すつもりだよ」

おそらく、レナーは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影をすでに終了しているようだ。『アベンジャーズ』第4作の撮影は7月17日に開始される予定だが、レナーは『タグ』の撮影を終えてから再合流するとみられるため、治療の時間にはわずかながらも余裕がありそうだ。

6月23日(現地時間)、レナーは自身のInstagramで両腕を負傷した様子を写真で報告していた。この時は具体的な症状などは定かではなかったが、今回その実情が明らかになった形だ。

Fall down seven times…stand up 8! #fixedup #pushthrough

Jeremy Rennerさん(@renner4real)がシェアした投稿 –

『アベンジャーズ』の撮影までに回復が見込めることは不幸中の幸いだが、『タグ』もアクション・シーンを含むコメディ作品だ。今後はスタント・ダブルがアクションを務めることになるだろうが、くれぐれも身体の状態には留意してほしい……。

ジェレミー・レナーの一刻も早い回復を心から祈りたい。

 

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/news/jeremy-renner-says-he-broke-arms-stunt-accident-1019276
http://variety.com/2017/film/news/jeremy-renner-broke-his-arms-stunt-avengers-infinity-war-1202489347/
Eyecatch Image: https://twitter.com/Variety/status/883483276077387778/photo/1

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。