Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ホームカミング』ジョン・ワッツ監督、2019年公開の続編も監督就任へ

スパイダーマン:ホームカミング
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

映画スパイダーマン:ホームカミングを手がけたジョン・ワッツ監督が、2019年公開予定の続編『スパイダーマン:ホームカミング2(仮題)』でもメガホンを取ることになりそうだ。
ハリウッド・レポーター誌は、ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの両社がジョン・ワッツ監督との契約交渉に入っていることを明らかにした。

『スパイダーマン:ホームカミング』は、2017年7月7日(現地時間)に米国で公開されるやファンや批評家から非常に高い評価を獲得。映画批評サイト「Rotten Tomatoes」でも92%フレッシュ(7月20日時点)という成績を記録するなど、その完成度はお墨付きだ。また世界でも映画版「スパイダーマン」史上最高の興行収入を記録していた。ワッツ監督の続投は、こうした結果を高く評価されてのものとみられる。

ワッツ監督の代表作は、呪われた衣裳によって父親が人食いピエロへと変貌していくホラー『クラウン』(2014)や、家出少年と悪徳保安官の追跡劇を描いたスリラー『COP CAR/コップ・カー』(2015)。『スパイダーマン:ホームカミング』では、初の大作映画にして15歳の“新人ヒーロー”による青春物語を描ききった。

『スパイダーマン:ホームカミング2(仮題)』の正式タイトルは未定ながら、ストーリーは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)や、その続編『アベンジャーズ』第4作以降を描くものになるという。なお全米公開日は2019年7月5日を予定されている。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日より全国ロードショー
ソニーとマーベルが惚れ込んだ、ジョン・ワッツ監督の才能をじっくりと堪能しよう。

Source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/spider-man-homecoming-sequel-director-jon-watts-talks-return-1021942
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly