『スパイダーマン:ホームカミング』ジョン・ワッツ監督、2019年公開の続編も監督就任へ

映画『スパイダーマン:ホームカミング』を手がけたジョン・ワッツ監督が、2019年公開予定の続編『スパイダーマン:ホームカミング2(仮題)』でもメガホンを取ることになりそうだ。
ハリウッド・レポーター誌は、ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの両社がジョン・ワッツ監督との契約交渉に入っていることを明らかにした。

『スパイダーマン:ホームカミング』は、2017年7月7日(現地時間)に米国で公開されるやファンや批評家から非常に高い評価を獲得。映画批評サイト「Rotten Tomatoes」でも92%フレッシュ(7月20日時点)という成績を記録するなど、その完成度はお墨付きだ。また世界でも映画版「スパイダーマン」史上最高の興行収入を記録していた。ワッツ監督の続投は、こうした結果を高く評価されてのものとみられる。

ワッツ監督の代表作は、呪われた衣裳によって父親が人食いピエロへと変貌していくホラー『クラウン』(2014)や、家出少年と悪徳保安官の追跡劇を描いたスリラー『COP CAR/コップ・カー』(2015)。『スパイダーマン:ホームカミング』では、初の大作映画にして15歳の“新人ヒーロー”による青春物語を描ききった。

『スパイダーマン:ホームカミング2(仮題)』の正式タイトルは未定ながら、ストーリーは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)や、その続編『アベンジャーズ』第4作以降を描くものになるという。なお全米公開日は2019年7月5日を予定されている。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日より全国ロードショー
ソニーとマーベルが惚れ込んだ、ジョン・ワッツ監督の才能をじっくりと堪能しよう。

Source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/spider-man-homecoming-sequel-director-jon-watts-talks-return-1021942
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。