『スパイダーマン ホームカミング』では、数タイプのクモ糸が発射される模様

中指と薬指を折り曲げ、「プシィィィ…!」とか言いながら手首を押し出した経験、あなたにもきっとあるのでは?『かめはめ波』や『レイガン』の練習もしたし、『フォース』を夢見て何かを念じたりした事もあるだろう。

そう、スパイダーマンが手首から放つクモ糸は、いつの時代だって僕らの憧れだ。サム・ライミ監督版『スパイダーマン』では、手首の穴からクモ糸がほぼ無制限に飛び出していたが、マーク・ウェブ監督版『アメイジング・スパイダーマン』では、ピーター・パーカーが自作した特殊装置でクモ糸を生成していた。原作コミックでも基本的には両手首に取り付けた人工ウェブシューターからクモ糸を放っていたが、この設定は『キャプテンアメリカ:シビルウォー』より登場した新スパイダーマンにも引き継がれている。トム・ホランド演じる新たなピーター・パーカーは、トニー・スタークより贈られたハイテク・ウェブシューターを駆使するのだ。

トニーの叡智が詰まったこの新ウェブシューターは、更なるギミックを搭載しているらしい。そのヒントとなる発言を、サンディエゴ・コミコン会場のインタビューで、トム・ホランドがうっかり口を滑らせた。

なんでも、新しいウェブシューターからは、異なるタイプのクモ糸が発せられるというのだ。トムはこの内容をカメラの前でポロリしてしまった。

「僕達は、違うタイプのクモ糸について取り組んでいるんです。今回は、ただ(1種類の…と言いかけて、人差し指を立てる。そこでカメラから顔を向けて、若干焦った様子になる)…おお、この話は、やめておこう…。」

そしてトム・ホランドは、スパイダーマンがクモ糸を出す時にやるおなじみのジェスチャーを見せながらこう説明した。

「こんな風に、実現したいのは”クモ糸を掴む”動作です。(と言いながら手首を反対側にひねり、糸を掴む所作を見せる)この動きは今まで無くて、いつも(手首に)くっついていたけど、今回はクモ糸を掴む、という事に取り組んでいるんです。」

tom1 tom2

うーん、とはいえこれまでの映画作品においても、スパイダーマンは手首から出したクモ糸を、まるでその糸表面に粘着性が無い普通のロープのように掴んで扱う事はあった気がする。この発言だけでは真意はわかりかねるが、とにかく彼が口を滑らせた「異なるタイプのクモ糸」については注目しておきたい。

映画『スパイダーマン ホームカミング』は2017年7月7日全米公開。

Source:http://www.cosmicbooknews.com/content/tom-holland-drops-spider-man-homecoming-spoiler

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。