Menu
(0)

Search

【インタビュー】『ハニーボーイ』はトラウマを思い出す追体験、アルマ・ハレル監督に訊いた

ハニーボーイ
© 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

シャイア・ラブーフが、自身にとっての“毒親”とも言える父親役を自ら演じた、親と子の間の愛とエゴと傷の物語を繊細に紡ぎ出す映画ハニーボーイ』が、2020年8月7日(金)より日本公開となる。

子役時代よりハリウッドで活動し、時に“お騒がせ”タレントとされることもあるシャイア・ラブーフの半自伝映画。前科者で無職の“ステージパパ”の屈折した思い、成長しても癒えない傷と、肉親への複雑な感情……。物語の主人公となるオーティスという人物は、幼き日(12歳)を『フォードvsフェラーリ』(2019)ノア・ジュプが、青年期(22歳)を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)のルーカス・ヘッジズが2人1役で丹念に演じる。

シャイア自身が、セラピーとして過去のトラウマを綴った手記。これを基とした脚本を映画化したのは、イスラエル出身のアルマ・ハレル監督。シャイアとは親友でもある間柄だ。ドキュメンタリーとフィクションの境界線を曖昧にする独創的な手法で知られる。コカ・コーラやシャネル、P&Gなど世界的企業のコラボレーションCMで数々の称賛を受けており、ポン・ジュノ監督からは「2020年代に注目すべき気鋭監督20人」のひとりとして名を挙げられる。

ハニーボーイ
アルマ・ハレル監督 © 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

THE RIVERでは『ハニーボーイ』について、ロサンゼルスのアルマ・ハレル監督へオンライン・インタビュー。この繊細で美しい作品の裏側を語ってもらった。

アルマ・ハレル監督『ハニーボーイ』解説

トラウマである父親を演じたシャイア

この映画『ハニーボーイ』で、シャイア・ラブーフは自分の父親役を演じました。とても勇気が要ったことと思います。彼がこの脚本を書いている時はセラピーの最中にありました。映画で描かれたものと同じです。

彼にとって、父のトラウマから抜け出すには、父を理解し、共感することだけだった。役者として上手く演じるためには、その役を深く理解する必要があります。彼が父への理解を深めていく様子はとても興味深かった。それに、彼は演じることに集中していましたから、もしかしたら見ている私の方が辛くなるような時もあったかもしれません。それくらい彼は没頭していました。

ハニーボーイ
© 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

役作りのため、彼はお父様に会いに南アメリカに飛びました。そして、お父様と一緒に脚本を全文読んだのです。1週間かけて、お父様との会話を録音もして、私に送ってくれました。それをルーカス(・ヘッジズ)と一緒に聞いたのですが、ルーカスの役作りには大いに役立ったと思います。まるでワークショップのようでした。

この映画まで、シャイアはお父様と7年間も話をしていませんでした。とてもドラマティックであると同時に……、癒やしがあったと思いたいです。“時間”こそが最高のドクターだと思います。シャイアが父と再会したおかげで、この映画を製作することができました。お父様との再会で、彼がどう感じたか。それがこの映画で語られていることと思います。

実はシャイアは、初めはお父様に、「メル・ギブソンが親父を演じるから」とウソをついていたんです(笑)。ご本人もすごく喜んでいたと。メル・ギブソンが大好きなんですって。だから事実を知らせたときは、ちょっとガッカリされてしまいましたね(笑)。お父様もこの映画をすごく気に入ってくださっています。とても喜ばしいことです。映画がロサンゼルスで封切られた時にも、シャイアとお父様は一緒に数週間を過ごされていました。シャイア個人の話題なので私からお話することはありませんが、お父様との間にも“つながり”が生まれたように思います。

ハニーボーイ
© 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

私の父はアルコール依存症でした。だからオーティスにとても共感できたんです。描きたかったのは、自分に痛みをもたらした存在と関わりを持つということや、そんな存在こそが、時に自分を誰よりも愛する存在であるということ。「親父が唯一くれた価値あるものは“痛み”だ」という劇中のセリフに良く現れています。彼はその“痛み”によって演技に力を付けていたんです。愛と痛みの複雑な関係を描きたかったんです。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly