Menu
(0)

Search

シャイア・ラブーフが自身の毒親演じる自伝映画『Honey Boy』米予告編 ─ 「クソ親父の話はしたくない」

『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるシャイア・ラブーフが、自らの父親を演じるという意欲的な自伝映画『Honey Boy(原題)』の予告編映像が米公開となった。

この映画でシャイアの子供時代を投影させたオーティスを演じるのは2人の若手俳優。『ワンダー 君は太陽』(2018)のノア・ジュープが12歳を、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)や『スリー・ビルボード』(2018)のルーカス・ヘッジズが22歳を演じる。

シャイアの経験に基づく『Honey Boy』の主人公オーティスは、虐待的でアルコール依存症の父との関係に苦しんでいて、やがて映画俳優になって大金を稼ぐようになってからも重荷となっていた。シャイアは、自分の幼少期を苦しめた父親を自ら演じる。

「親父のせいで俺が酒を飲んでるわけじゃない。親父のせいで俺は働いてるんだ。」公開された予告編映像では、父の存在を逃れられない負担として苦しむオーティスの存在を感じるとることができる。「息子に養ってもらってる俺がどんな気持ちでいると思ってる?」と迫られた幼いオーティスは、「僕が稼いでるからアンタがいるんだ」と答える。父と息子の、哀しく歪んだ人間ドラマが期待できそうだ。

私生活では数々のトラブルも伝えられ、いつしか「お騒がせ俳優」と揶揄される機会も増えてしまったシャイア・ラブーフは、なぜ自身の成長の過程にあった苦悩を映画にしたかったのか。なぜ、その苦しみの根源である父親を、自分自身で演じる必要があったのか。

監督は、これが長編デビューとなるアルマ・ハレル。これまでにポール・スミスのドキュメンタリーやシガー・ロスのミュージック・ビデオを手掛けている。配給はAmazon Studioで、2019年11月8日より米公開。

Source:Comingsoon.net,/Film

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly