Menu
(0)

Search

「ゲーム・オブ・スローンズ」新ドラマ、全部で「3〜4シーズン」構想? ─ ターガリエン家の物語、拡大継続か

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)
© 2022 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

2019年に完結したドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)初のスピンオフシリーズ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の開幕まで残り1ヶ月を切った。計8シーズンに渡って展開された本家に対し、新シリーズにはどれだけのシーズン数が構想されているのだろうか。

The Hollywood Reporterは、シリーズの製作陣や情報筋との取材を基に、「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の製作舞台裏を詳細に綴った特集記事を掲載。そこには、ドラマのシーズン数に関する情報も含まれている。

レポートによると、現時点で「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」は「3〜4シーズン分のみ」の構想だという。「ゲーム・オブ・スローンズ」の半分のボリュームで、やや短い気もする。しかし、製作の米HBOには、ターガリエン家の物語を拡大していく意向もあるようだ。記事では、物語が「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」から「数十年、前にも後ろにも進めることができる」と記されている。

また、ショーランナー・監督を務めるミゲル・サポチニクも「ターガリエン家は(過去と未来の)どちらの方向にも広がっている」と認識した上で、「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」が「他のストーリーとスピンオフを切り開くための柱」と考えている。「始めるには最高の場所です」。

ちなみに、七王国の初代君主として知られる“征服王”エイゴン・ターガリエン1世の冒険を題材とした企画が過去に検討されていたことが、このたびのレポートで判明している。サポチニク監督の言う通り、「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」を機に、壮大なターガリエン・ユニバースが創造されることになるかもしれない。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly