Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッターと賢者の石』日本初のIMAX上映が決定 ─ 2週間限定、先着でオリジナルステッカーも配布

『ハリー・ポッター』

世界的人気を誇るファンタジー映画『ハリー・ポッター』 シリーズが20周年を迎えることを記念して、『ハリー・ポッターと賢者の石』のIMAX®3D吹替上映が2021年11月19日(金)より全国のIMAX劇場で実施されることが決定した。あわせて東京・丸の内ピカデリーでは『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズ全10作の2D吹替上映も実施される。

J・K・ローリングにより生み出されたファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズは、1997年に第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』が発売されるや、瞬く間にベストセラーに。現在までに80言語に翻訳されている。2001年には映画第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』、翌2002年に第2作『ハリ ー・ポッターと秘密の部屋』が公開。その後、2011年までに全8作が製作され、大ヒットシリーズとなった。現在は『ハリー・ポッター』シリーズの前日譚『ファンタスティック・ビースト』シリーズが展開されている。

世代を超えて今もなお多くの人を魅了し続けているハリー・ポッター魔法ワールド。2021年は『ハリー・ポッターと賢者の石』が2001年12月1日に公開されてから20周年を迎えるメモリアルイヤーにあたる。この記念すべき年のフィナーレを、日本初となる『ハリー・ポッターと賢者の石』IMAX®3D上映が飾ることになる。

上映期間は2021年11月19日(金)から12月2日(木)までの14日間。上映初日の19日より先着数量限定入場者特典として映画20周年オリジナルステッカーの配布も決定している。

『ハリー・ポッター』

また20周年を記念して、12月1日(水)から12月 29日(水)の期間で、『ハリー・ポッター』シリーズ全8作と、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作の日替わり特別上映が東京・丸の内ピカデリーにて実施される(2D日本語吹替版)。シリーズ20周年の節目に、日本でも一世風靡した魔法ワールドに浸ってみてはいかがだろうか。

『ハリー・ポッターと賢者の石』IMAX上映 概要

上映バージョン:IMAX®3D吹替版
2021年11月19日(金)より全国のIMAX®劇場にて2週間限定公開(一部劇場を除く)
※上映劇場および上映スケジュールは事前に映画館HPをご確認ください

先着数量限定入場者特典【映画20周年オリジナルステッカー】配布
※ご入場お一人様につき1枚ずつの配布 ※なくなり次第終了

丸の内ピカデリー『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズ一挙オープン特別上映 概要

リニューアルオープンする丸の内ピカデリーにて全シリーズ作品を日替わりで一挙特別上映

上映バージョン:2D 吹替版

上映作品 上映日
『ハリー・ポッターと賢者の石』 12月1日(水)12月4日(土)12月14日(火)12月24日(金)12月27日(月)
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 12月2日(木)12月5日(日)12月15日(水)12月25日(土)12月28日(火)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 12月3日(金)12月6日(月)12月16日(木)12月26日(日)12月29日(水)
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 12月7日(火)12月17日(金)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 12月8日(水)12月18日(土)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 12月9日(木)12月19日(日)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』 12月10日(金)12月20日(月)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』 12月11日(土)12月21日(火)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 12月12日(日)12月22日(水)
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 12月13日(月)12月23日(木)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly