Menu
(0)

Search

ドラマ版「ハイスクール・ミュージカル」主演俳優にディズニー・チャンネルの新鋭が決定! 懐かしい楽曲も復活

https://www.instagram.com/p/BpDHuJAlKiI/ スクリーンショット

いまや『グレイテスト・ショーマン』(2017)などで知られるザック・エフロンらを一躍大人気スターに押し上げた、ディズニー・チャンネル製作のミュージカル映画『ハイスクール・ミュージカル』シリーズが、2019年に開始されるディズニーの新映像配信サービスにて「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル(邦題未定、原題:High School Musical: The Musical)」として連続ドラマ化される。

このたび主人公を演じる俳優として、ディズニー・チャンネルのドラマ「ハーレーはド真ん中」(2016-)のジョシュア・バセットが起用されたことがわかった。米The Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

View this post on Instagram

GO WILDCATS !

Joshua Bassettさん(@joshuatbassett)がシェアした投稿 –

ディズニー・チャンネルで放送されたテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』は、イースト高校バスケットボール部のエースであるトロイと優等生ガブリエルが、歌を通じて惹かれ合う恋愛模様を描いたミュージカル作品。同作は放送後、社会現象を巻き起こし、米音楽アルバムチャートBillboard 200で1位を獲得したほか、プライムタイム・エミー賞で2部門を受賞する快挙を成し遂げている。その後、夏休みを舞台とした続編『ハイスクール・ミュージカル2』(2007)が再び大ヒット、2008年にはシリーズ第3作となる映画『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』が劇場で公開された。同シリーズに登場するガブリエルの恋敵シャーペイを主人公としたスピンオフ映画『シャーペイのファビュラス・アドベンチャー』(2011)もDVDで発売されている。

そんな『ハイスクール・ミュージカル』シリーズを新しい視点から描く本作は、オリジナル・シリーズと同じく、イースト高校の生徒をめぐる物語。学校が主催する冬の舞台「ハイスクール・ミュージカル」に参加する生徒たちのあいだで、舞台上と同じく舞台裏でも様々なドラマが繰り広げられていく様子がドキュメンタリー方式で描かれるという。舞台名が”ハイスクール・ミュージカル”ということは、オリジナル・シリーズで起こったことが、ミュージカル劇になっているということだろうか?
なお本作は10話構成となっており、おなじみ『ハイスクール・ミュージカル』の楽曲が“新演出”によって各話に登場するとのこと。新たなオリジナル楽曲も登場するという。

バセットが本作で演じるのは、イースト高校に通うひねくれているがチャーミングな男子、リッキー。“クラスのお調子者”を演じているが、それは自身に秀でるものが何もないのではという恐れを隠すために作り上げた姿だった。高校3年生のある日、1年間付き合った彼女ニニがサマーキャンプでE.J.と恋に落ちたことにより、一方的に別れを告げられる。ニニを取り戻すため、リッキーは学校で行われる舞台「ハイスクール・ミュージカル」で主人公を演じるニニの相手役をオーディションで獲得すべく大胆な計画に出るのだった。

舞台「ハイスクール・ミュージカル」がオリジナル・シリーズを劇にした作品だとしたら、リッキーはトロイ役のオーディションに参加するということだろう。そうだとすれば、オリジナル楽曲「大切なのはバスケット!」などを歌うバセットの姿が見られるかもしれない。

主人公リッキーにバセットを起用したことについて、ディズニーチャンネルの代表であるゲイリー・マーシュ氏は自信を覗かせた。

「ジョシュアのリッキーというキャラクターの捉え方は素晴らしかったです。面白くて愛嬌がありつつも、独自な弱さを持って演じてくれました。観客の皆さんは、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズの新章に足跡を残す、このカリスマ性溢れた若い俳優を見るのが大好きになるでしょう。」

またバセットも発表にあわせて、「『ハイスクール・ミュージカル』が社会現象を起こす中で少年時代を過ごした者として、物語を引き続き伝える機会を与えられたことを大変うれしく思います。行け、ワイルドキャッツ(イースト高校のバスケ部名)!」と、コメントしている。

本作のショーランナーを務めるのは、「プリティ・リトル・ライアーズ」(2010-2017)のオリヴァー・ゴールドスティック。脚本はアニメ映画『Ferdinand (原題)』(2017)やブロードウェイ・ミュージカル『Tuck Everlasting(原題)』を執筆し、ティーン向け小説の作家としても活躍するティム・フェデラルが手がける。ゴールドスティックとフェデラルは、『ハイスクール・ミュージカル』を製作したビル・ボーデン&バリー・ローゼンブッシュと共に製作総指揮も担当。

なお、もう一人の主人公であるニニや、リッキーの恋敵となるE.J.を誰が演じるかは2018年10月18日時点で明らかになっていない。

ドラマ「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル(邦題未定、原題:High School Musical: The Musical)」は2019年後半にディズニーの新映像配信サービスで独占配信予定。撮影はユタ州のソルトレイク・シティで行われる。

Sources: The Hollywood Reporter (1, 2), Variety

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly