Menu
(0)

Search

ヒュー・グラント、2020年を題材にしたNetflixのモキュメンタリーに出演決定 ─「ブラックミラー」クリエイターが手掛ける

ヒュー・グラント&チャーリー・ブルーカー
Photo by Julien Rath https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hugh_Grant_%2711.jpg | Feline_Dacat https://www.flickr.com/photos/feline_dacat/5531231615/in/photostream/ | Remixed by THE RIVER

『ノッティングヒルの恋人』(1999)『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016)などで知られるヒュー・グラントが、「ブラックミラー」(2011-)クリエイターのチャーリー・ブルッカーによるNetflixのモキュメンタリー※に出演することが明らかになった。※ドキュメンタリー風に見せる演出方法。

Vultureのインタビューにてヒュー・グラントが、「実は明日用事があるんです」と切り出し、次回出演作について明かした。「2020年を題材にしたモキュメンタリーの脚本を、チャーリー・ブルーカーがNetflixのために執筆しました。その年に関する取材を受ける歴史家を演じます。実のところ、不快に感じる役柄ですよ!私のウィッグも気に入るでしょう」。

この発言から物語の詳細について断定することは困難だが、2020年を題材にするとなれば、新型コロナウイルスが渦巻く現代社会について描く可能性は高いと言えるだろう。近未来を舞台にしながらも、決して絵空事ではない社会像を容赦なく風刺した「ブラックミラー」を手掛けるチャーリー・ブルッカーは、本作では如何なる物語を展開するのか。その他の出演者情報などに関する続報にも期待したいところだ。

あわせて読みたい

Source: Vulture

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly