Menu
(0)

Search

ヒュー・ジャックマン、『グレイテスト・ショーマン』続編に前向き ─ 「適切な機会が来たら、またシルクハットを被ろう」

グレイテスト・ショーマン
(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』(2017)の続編製作について、主演を務めたヒュー・ジャックマンが前向きな姿勢を示した。米Cinema Blendが報じている。

『グレイテスト・ショーマン』は、日本で最終興収53億円を稼ぐ大ヒットを記録。アメリカでも最終興収約1億7,400万ドル獲得した上、本作のオリジナル・サウンドトラックは、米国で2018年に一番売れたCDアルバムとなった

本作について、「観客が本作のキャラクターを気に入ってくれたことは、僕だけでなく、皆にも明らかでしたしね。この映画とキャラクターが大好きですし、(製作できたことは)自分の人生において大きな喜びでした」と熱い想いを語るジャックマン。続編について尋ねられると、「もし(続編製作が)正しいと思えるような適切な機会がきたら、答えは『イエス』です。シルクハットを再び被りますよ」と、ファンには嬉しいコメントを残した。続編に相応しい脚本やスタッフ・キャスト、タイミングなど、全てが揃えば再び主人公P・T・バーナムを演じてくれることだろう。

ちなみに、ジャックマンは2019年より初のワールドツアー「The Man. The Music. The Show」を控えている。同ツアーでは、『グレイテスト・ショーマン』の楽曲も披露するということで、ファンには必見だ。2019年1月現時点で、残念ながら日本公演の予定はアナウンスされていないものの、ジャックマン自身は実現させたい意向を示している。歌って踊る生のヒュー・ジャックマンを日本で見られることにもあわせて期待したい。

また俳優としては、実在した政治家ゲイリー・ハートを演じる映画『フロントランナー』の日本公開も控えており、こちらも要注目だ。映画『フロントランナー』は2019年2月1日(金)全国ロードショー。

Source: Cinema Blend, Box Office Mojo

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly