ドキュメンタリー映画『アイ・アム・ヒース・レジャー』予告編が公開。本人撮影の映像や未公開映像も

2008年1月22日に28歳という若さで死去した、俳優ヒース・レジャーのドキュメンタリー映画『アイ・アム・ヒース・レジャー(原題:I Am Heath Ledger)』の予告編が公開された。本作は、ヒースと親交の深かった人物へのインタビューや、ヒース自身が撮影した映像などによって構成されている。

本作『アイ・アム・ヒース・レジャー』は、ニューヨーク・マンハッタンで開催される「トライベッカ映画祭」にて、2017年4月27日にワールド・プレミアが行われたのち、5月3日に全米にて一夜限りの劇場公開が実施される。なお本作は、5月17日に米国のケーブルテレビ局「スパイクTV」でも放送され、同23日にDVDがリリースされる予定だ。

なおスパイクTVは、本作の概要を以下のように告知している。

『アイ・アム・ヒース・レジャー』は、俳優・アーティストであり、そして多くの人に愛されたアイコンであった、ヒース・レジャーの一生を記念する長編ドキュメンタリー作品です。ヒース自身のカメラで、彼が撮影し、時に演じた、豊富な身ぶりとアクションの数々から、ヒースの私的な姿に迫ります。そこには、彼のクリエイティブなエネルギーや、深い愛情のために危険を冒すことを厭わない信念、そして彼と関わった人々への情熱がありました。ヒースをハリウッドのメインストリームから遠ざけた、彼自身の芸術的本質や表現は、彼をスターダムへ導き、また世界から愛される存在にしたのです。

本作『アイ・アム・ヒース・レジャー』には、ヒース自身が撮影した映像のほか、これまで公開されていなかった様々な映像が含まれているという。また関係者へのインタビューには、ナオミ・ワッツやアン・リー監督、ベン・メンデルソーン、エミール・ハーシュ、ベン・ハーパーらが登場。本作で監督を務めたのは、『アイ・アム・ブルース・リー』(2012年)や『フェイシング・アリ』(2009年)などをプロデュースしてきたデリク・マレーだ。

存命ならば、ヒースは今年(2017年)38歳になる。「もしも」はありえないが、それでも、「もしも」ヒースが現在の映画界で活躍していたら、どんな作品でその姿を見せてくれたのか、映画界はどう変わっていたのか……。間違いなく彼は、今でもそんなふうに思わせてくれる名優であった。あらためて彼の出演作品を振り返るとともに、本作の日本公開を祈りたい。

【『アイ・アム・ヒース・レジャー(原題)』公式ウェブサイトはこちら(英語)】

Source: http://www.comingsoon.net/movies/news/834453-watch-the-trailer-for-the-documentary-i-am-heath-ledger
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=5PPTDsTnaPk
© MMXVII NETWORK FILMS TEN INC.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。