Menu
(0)

Search

『アナと雪の女王』オラフの短編映像シリーズの最終話が公開 ─ ディズニー名作アニメの心温まる映像が続々

https://youtu.be/evfOzPrzIu0

アナと雪の女王シリーズの人気キャラクター、オラフが主人公のショートムービーシリーズ「At Home With Olaf」の最終話となる「I Am With You」が、米Disney Animation studiosの公式YouTubeなどで公開された。最終話では、“レリゴー”こと「Let It Go」を生み出したクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペスが手掛けたオリジナル楽曲で、オラフの声を担当するジョッシュ・ギャッドが歌っている。

「At Home With Olaf」は、ギャッドとアニメーターのハイラム・オズモンドが自宅より共同で製作しているショートムービーシリーズ。本企画は、米ウォルト・ディズニー・カンパニーが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により自宅待機を余儀なくされている世界中の人に向けて、自宅でも楽しめるコンテンツをオンラインで配信する企画「#DisneyMagicMoments」の一環として製作されたものだ。

2020年4月6日に公開された第1話「Fun With Snow」から始動となり、計20話が配信。「Birthday(誕生日)」と題されたエピソードではオラフが自分の誕生日に1人ではしゃぎ、「Sunrise(日の出)」では、水辺に1人座り、ポップコーンを口に加えながら日の出を拝むなど、オラフの何気ない日常を切り取った内容が展開されている。

最終話となる「I Am With You」では、これまでとは異なる粋な演出が施されている。映像は、ディズニー映画のオープニングでお馴染み、ミッキーが口笛を吹きながら船の舵を切っている『蒸気船ウィリー』(1928)の姿から始まる。1人家のバルコニーから退屈そうに外を見つめるオラフは、何かひらめいた様子で部屋の中に入る。そして、「I am with You〜」と歌いながら手紙を書き始めるのだ。

すると、続けて過去に製作されたディズニーアニメーション作品からワンシーンを切り取ったモンタージュ映像がオラフの歌に合わせて流れ始める。登場するのは、『ダンボ』や『わんわん物語』などの不朽の名作から、『塔の上のラプンツェル』、『ベイマックス』など近年の作品まで、計21作品。切り取られるワンシーンは家族や仲間との触れ合いを映した心温まるものばかりだ。最後は書き終えた手紙を風の精霊ゲイルに託したオラフの「また会おうね」の一言で幕を閉じている。

本エピソードでオリジナル曲「I Am With You」を作詞作曲したのは、『アナと雪の女王』(2013)の主題歌「Let it Go」でアカデミー賞歌曲賞を獲得したクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペス夫妻。監督はアニメ版『王様と私』(1999)のキャラクターデザインを手がけたアニメーターのダン・アブラハムが務めた。

Source: Walt Disney Animation Studios Official YouTube

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly