Menu
(0)

Search

『バーバラと心の巨人』アンダース・ウォルター監督インタビュー ─ 「10代の頃はひたすら漫画を読んで絵を描いていた」

『バーバラと心の巨人』
©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

アメリカで最も権威ある漫画賞のウィル・アイズナー漫画業界賞にノミネートされ、第5回国際漫画賞にて最優秀賞を受賞したグラフィックノベル「I KILL GIANTS」を実写化した映画バーバラと心の巨人』が、2018年10月12日(金)より全国で公開される。

本作の監督として抜擢されたのはアンダース・ウォルター。重い病を患う少年と病院の清掃員の交流を描いた短編映画『HELIUM(原題)』(2014)でアカデミー賞短編賞を受賞した実力派だ。

そんなウォルターにとって、意外にも本作が長編映画デビュー作である。ウォルターは主人公バーバラの内面を丁寧に表現し、バーバラと”巨人”、そして周囲の人々との関係を繊細に描き出すことに成功。本作のプロデューサーを務める『ホーム・アローン』(1990)や『ハリー・ポッター』シリーズのメガホンを取ったクリス・コロンバスの期待に見事応えた。

THE RIVERは、アンダース・ウォルター監督へインタビュー取材を行い、本作の監督を務めるに至った経緯や、バーバラの物語を伝える上で大切にした点などに関してお話を伺った。

『バーバラと心の巨人』
©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

監督への大抜擢の理由

── 素敵な作品をありがとうございます。まずは、『バーバラと心の巨人』監督就任に至った経緯を教えてください。

ありがとうございます。確か、クリス・コロンバスと製作陣が『HELIUM』を観てくれたんだと思います。『HELILUM』はアカデミー賞を受賞しましたからね。あと、ロサンゼルスの僕のエージェントは、クリス・コロンバスのエージェントと同じなんですよ。なのでクリスが『バーバラと心の巨人』の監督を探していると知っていて、僕のエージェントはわざと『HELIUM』を彼に送ったんだと思います。それで同作を観てくれて、ミーティングに繋がったんです。当時は僕よりベテランの監督らとも話し合いを行っていたらしいんですけど、そちらは実現しなくて。一時期はクリス自身が監督することも考えたそうですよ。結局はプロデューサーのみ務めることを選択しましたけどね。

そんなこんなで彼らが監督を探してた時、『HELIUM』を気に入ってもらえて、チャンスが与えられたんです。僕たちは似たビジョンを持っていて、3、4ヶ月の間にどんどんミーティングをする回数が増えて行きました。その時は、一度も監督に就任できたとは言ってくれませんでしたけどね(笑)。毎回戻ってきてはアイデアなどについて話していったんです。

── そんな中でご自分が監督に決まった決定打は何だったと思いますか。

デンマークであるビデオを作ったんですよ。あ、僕はデンマーク出身なので、デンマークに住んでいるんです。そこで、『バーバラと心の巨人』のシーンのいくつかを役者と英語で撮影して、他の映画の素材と繋げて本作の予告編映像らしいものを作ったんです。どんな音楽を使いたいなど、自分がしたいことをきちんと正確に伝えたかったからね。そして、その予告を送ったら彼らがとても気に入ってくれたんです。とても感動してくれて、そこから僕が監督になることが決まりました。

結構長い時間かけて決まったんですけど、かなり頑張って説得しないといけませんでしたね。僕は長編映画の制作は初めてだし、英語の作品を作ったことがなかったので。短編を4作、デンマーク語で作ったことしかなかったんです。クリスたちは僕のことを人として気に入ってくれたし、アイデアも気に入ってくれたけど、採用するのは大きなリスクだったと思いますよ。でも、やっぱりあの予告編映像の存在が一番大きかったな。

『バーバラと心の巨人』
©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

短編映画を撮影することとの違い

── 長編映画を初めて監督するにあたって苦労したことはありますか?

一つは、もちろん言語かな。英語は話せるんですけど、第二言語なので小さなニュアンスを掴むのが難しい時もありましたね。でも脚本が本当に素晴らしかったので、脚本に沿えばよかったし、アドリブもありませんでした。それより、監督として自分をうまく表現できない時がありましたね。そこまで影響はなかったですけど。

言語より大変だった違いは、制作規模の違いですね。短編映画の時は僕とプロデューサーしかいなかったので、製作上のディスカッションは2人の間で済んだんです。でも長編では6〜7人のプロデューサーがいて、エグゼクティブ・プロデューサーも8人います。そうなると色々な部署と話し合わなければいけないので、当然意見も増えるし、ディスカッションも増えるんですよ。

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly