Menu
(0)

Search

もし『名探偵ピカチュウ』をデッドプールが観たら ─ ライアン・レイノルズ「きっと気に入るでしょう」

『名探偵ピカチュウ』ジャパンプレミア
©THE RIVER

俳優ライアン・レイノルズがフワフワした超絶かわいい“ピカチュウ”の声優を務める名探偵ピカチュウ(2019)を、もしも“俺ちゃん”ことデッドプールが鑑賞したら、一体どう思うのだろうか。

見た目は可愛い、中身はおっさん、その名は名探偵ピカチュウ……。世界中で人気を誇る『ポケットモンスター』シリーズをハリウッドで初めて実写映画化したのが『名探偵ピカチュウ』だ。米Cinema Blendのインタビューにて、レイノルズは、デッドプールが本作に抱くであろう不満について「“NGワード”が登場しないことを深刻な問題に思うんじゃないかな」と語っている。

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

NGワード、すなわち“Fワード”を発することが日常茶飯事のデッドプールにとって、それは確かに耐えられないことなのかもしれない。とはいえレイノルズは、「デッドプールは、実際にはとても“フワフワ(優しい)”しているんですよ。とにかく“フワフワ”しているものが大好きなので……」と、結果的には受け入れられるだろうとも話している。「『マイリトルポニー』に夢中になっている彼の姿が容易に想像できるので、きっと『名探偵ピカチュウ』も気に入るでしょう」。

『デッドプール2』(2018)では、ピンク色の髪をした女性キャラクターのユキオ(忽那汐里)を見たデッドプールが、マイリトルポニーに登場するポニーのピンキーパイに似ていると冗談交じりに話していた。下品な言葉ばかりを繰り返すデッドプールだが、キティちゃんなど可愛いものには目がない。もふもふのピカチュウに夢中になる姿も想像できる。

R指定版のパターンも録っていた?

Source: Cinema Blend

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly