Menu
(0)

Search

『インディ・ジョーンズ5』脚本、前作『クリスタル・スカルの王国』脚本家が再執筆中 ─ 2020年の撮影めざす

ハリソン・フォード
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/33374885042

ハリソン・フォード主演の大ヒット冒険映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの最新作、『インディ・ジョーンズ5(仮題)』の脚本作業は現在も進められているという。前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)を執筆し、本作の脚本を手がけるデヴィッド・コープが認めた。

スティーブン・スピルバーグ監督とハリソンが再びタッグを組む『インディ・ジョーンズ5』は、ハリソンがインディアナ・ジョーンズを演じる最後の作品になるといわれており、ふたたび世界を股にかけての冒険譚が展開される見込み。しかしながら、コープによる脚本にスタジオが納得せず、当初予定されていた2019年4月の撮影開始は見送られている。その後、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のジョナサン・カスダンが脚本の後任者として参加したものの、2019年9月現在、脚本はふたたびコープの手元に戻っているようだ。

Den Of Geekのインタビューにて「あなたはもう関わっていないんですよね?」と尋ねられたコープは、「実はまた関わっているんです、もう一度書いているんですよ」と応答。いわく、「僕たちはまだ挑戦している最中。今度は良いアイデアだと思います」。この口ぶりから多くを察することはできないが、おそらくカスダンによる脚本もゴーサインを得ることができず、コープが新たなアイデアで脚本作業に取り組んでいるということだろう。

2019年6月、ハリソンは『インディ・ジョーンズ5』の撮影が2020年に行われる予定であることを明らかにしていた。スピルバーグは2020年12月に米国公開される『ウエスト・サイド・ストーリー(原題:West Side Story)』に集中しているため、いずれにせよ、脚本が完成すれば速やかに撮影に入れるという状況ではないのだ。なお、スピルバーグは本作と『ウエスト・サイド・ストーリー』以外にも複数のプロジェクトを抱えているという。

映画『インディ・ジョーンズ5(仮題)』の公開日は未定

あわせて読みたい

Source: Den Of Geek

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly