スピルバーグ&ハリソン・フォード『インディ・ジョーンズ5』公開延期へ ― 脚本作業の遅延、『ハン・ソロ』脚本家が就任へ

ハリソン・フォード主演の大ヒット冒険映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの最新作、『インディ・ジョーンズ5(仮題)』の米国公開スケジュールが延期されることになるようだ。米Variety誌が伝えている。

『インディ・ジョーンズ5』は2020年7月10日の米国公開に向け、撮影の準備が進められてきた。スティーブン・スピルバーグ監督は、以前本作の撮影を2019年4月に開始する予定だと明かしていたのである。ところがVarietyの入手した情報によると、撮影は「1年ならずとも数か月延期」されるという。撮影クルーに対して、この予定変更はすでに知らされているそうだ。

撮影開始が延期される原因として有力なのは、2018年6月時点で脚本が完成していないことである。
本作は『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)を執筆したデヴィッド・コープが脚本を担当してきたが、このたび脚本交代のニュースも伝えられているのだ。米Colliderによれば、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)を父ローレンス・カスダンと共同で執筆したジョナサン・カスダンが後任を務めるという。Varietyによれば、カスダンはスタジオとの契約を現時点で結んでいないものの、まもなくプロジェクトに加わるとのこと。カスダンがコープの脚本をリライトするのか、もしくは脚本を一から再執筆しているのかはわからない。

なお同誌の情報源となった人物は、スティーブン・スピルバーグ監督とハリソン・フォードが『インディ・ジョーンズ5』に引き続き携わっていることを強調している。ただしスピルバーグは『ウエスト・サイド物語』(1961)の再映画化をはじめ複数の企画が待機中。『インディ・ジョーンズ5』に先がけて、別の作品の撮影が入ってくる可能性もあるという。

映画『インディ・ジョーンズ5(仮題)』の公開日は未定。なおシリーズを通して主演を務めてきたハリソン・フォードは、今作をもってインディアナ・ジョーンズ役を卒業する

Sources: Variety, Collider
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

日々筋トレに励んでいます

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。