Menu
(0)

Search

『インディ・ジョーンズ』第5作、間もなくイギリスで撮影開始へ

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
Supplied by LMK 写真:ゼータ イメージ

ハリソン・フォード主演、人気アドベンチャー・シリーズインディ・ジョーンズ』第5作の撮影が間もなく開始されることがわかった。米Deadlineは、来週(2021年6月7日の週)よりスタートすると伝えている。

本作は、2008年公開の映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』に続く第5作。おなじみインディ・ジョーンズ役のハリソン・フォードにとって最後の『インディ・ジョーンズ』作品になると言われている。撮影は、パインウッド・スタジオをはじめ、イギリスの各地で実施予定。イングランド北東に位置するバンバラ城が撮影地のひとつであると英現地メディアによって伝えられている。

ハリソンのほか第5作の出演者には、「ハンニバル」(2013-2015)『ドクター・ストレンジ』(2016)マッツ・ミケルセン、「Fleabag フリーバッグ」(2016-)『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)フィービー・ウォーラー=ブリッジ、『キング・コング』(2005)『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)トーマス・クレッチマン、『LOGAN/ローガン』(2017)ボイド・ホルブルック、『ブラック・パンサー』(2018)ショネット・ルネ・ウィルソンが名を連ねている。いずれもシリーズ初参加の役者となるが、歴代シリーズのキャストのカムバックにも期待したい。

物語の詳細については依然として不明ではあるが、このたび気になる情報が到着している。報道によれば、舞台は1960年代へと進み、宇宙開発競争が題材になるという噂が浮上しているというのだ。13年前の前作でも、冷戦期真っ只中の1957年を舞台に米ソ対立を軸とした物語が展開された。このたびの情報はあくまで推測の域を出ないが、ストーリーの流れとしては十分に考えられる。

当初、第5作の監督には、第1作からシリーズを手がけてきたスティーブン・スピルバーグが続投する予定だったが、物語に新しい視点を取り入れたいという理由により、後に降板。後任として『LOGAN/ローガン』『フォードvsフェラーリ』(2019)のジェームズ・マンゴールドの起用が発表された。マンゴールドは脚本を兼任している。製作には、歴代シリーズを手がけたキャスリーン・ケネディとフランク・マーシャルも名を連ね、音楽担当のジョン・ウィリアムズも続投する。

『インディ・ジョーンズ』第5作は、2022年7月29日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly