少女バーバラ、こだわりの秘密基地とポシェットに注目! 『バーバラと心の巨人』本編映像&新場面写真が到着

アメリカで最も権威ある漫画賞のウィル・アイズナー漫画業界賞にノミネートされ、第5回国際漫画賞にて最優秀賞を受賞したグラフィックノベル「I KILL GIANTS」を実写化した、映画『バーバラと心の巨人』が2018年10月12日(金)に公開される

このたび、主人公バーバラお手製の「対巨人用」武器や秘密基地が明らかになる本編映像のほか、主演女優マディソン・ウルフの姿を捉えた場面写真5枚が公開された。

風変わりな少女バーバラにはある使命があった。それは、やがて襲来する巨人を倒すこと。しかし姉のカレンやモル先生、初めて友達になったソフィアでさえも、すぐそこに迫る巨人の存在を信じようとしない。しかし、ついにバーバラの目の前に巨人が現れる。果たして巨人がバーバラにもたらす試練とは……。

バーバラと心の巨人

© I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

バーバラと心の巨人

© I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

このたび公開された本編映像では、町に迫る巨人を倒すためのバーバラお手製の武器や仕掛け、小物でいっぱいの秘密基地が登場。ひとつひとつにこだわられた作り込みに注目だ。船を作り替えたバーバラの秘密基地には巨人用の罠の部品などがぶら下がり、細々とした小物があふれかえっている。

巨人を罠にかけるため、町中にバーバラが仕掛ける「巨人のエサ」はもちろんお手製で、巨人の特徴にあったエサを調合し、効果を毎日チェックしては材料の分量などを細かく変えている。また、バーバラの“最大の武器”であるハンマーの「コヴレスキー」が封印されているのはハート型をしたピンクのポシェット。いつでも肌身離さず身に着けており、「コヴレスキー」をかたどった手作りのワッペンが刺繍されている。

 

バーバラ役を演じたのは、『死霊館 エンフィールド事件』(2016)で注目を集めた新星女優マディソン・ウルフ。誰からも理解を得られない孤独を抱えながら、一人で巨人と闘おうとする少女バーバラの苦悩や成長をリアルに演じ切って米国メディアの絶賛を受けた。日本公開日である10月12日に16歳の誕生日を迎えるマディソンの、観客を引き込む高い演技力にも注目だ。

ギャラリー

『バーバラと心の巨人』は2018年10月12日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

『バーバラと心の巨人』公式サイト:http://barbara-movie.jp/

© I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。