Menu
(0)

Search

『死霊館のシスター』全世界興行収入のシリーズ最高記録を更新! 『死霊館 エンフィールド事件』超える

死霊館のシスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

大人気ホラー映画『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』(2018)が、全世界興行収入においてシリーズ最高記録を更新したことがわかった。米Deadlineが報じている。

2018年9月30日(米国時間)時点で、『死霊館のシスター』は米国にて1億901万ドル、海外にて2億2,100万ドルを稼ぎ出した(推定)。全世界興行収入3億3,000万ドル超えという数字は『死霊館』シリーズ最高の興収記録である(これまで最高記録を保持してきたのは『死霊館 エンフィールド事件』(2016)の約3億2,000万ドル)。なお、海外興収2億2,100万ドルという数字もシリーズの海外興収記録を更新するものだ。

死霊館のシスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

これまで『死霊館のシスター』は、2018年9月7日に米国公開されるや複数の記録を更新して話題を呼んできた。米国公開後3日間で5,380万ドルを超えるオープニング成績でシリーズ史上最高のスタートを切ったほか、同じく注目のホラー映画『クワイエット・プレイス』(2018)の初動成績(約5,020万ドル)を抜いて2018年公開のホラー映画としてNo.1のスタートを記録。また日本でもシリーズ最高の初動を記録し、『死霊館』シリーズ初となる興行収入1億円突破が確実視されている。

Deadlineによれば、『死霊館のシスター』の製作費は2,200万ドルとされており、本作は少なくとも1億ドル以上の利益を生むものとみられている。『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)が同じく1億ドル以上の黒字となったのに続いて、低予算ながらも確実な成果を残す『死霊館』シリーズの力をスタジオに再認識させる結果となりそうだ。

ちなみに『死霊館のシスター』はスペイン語圏の市場で優れた成績をみせており、メキシコで2,150万ドル、ブラジルで1,700万ドル、スペインで1,050万ドルという興収成績を示している。

映画『死霊館のシスター』は2018年9月21日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

『死霊館のシスター』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/

Sources: Deadline, Box Office Mojo

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly