Menu
(0)

Search

今秋注目の『スター・ウォーズ』グッズはコレ!インペリアル・コムリンクとマウス・ドロイド、帝国ファン必見アイテム登場

今秋、米国のディズニー・パークから新たな『スター・ウォーズ』関連グッズが登場する。

インペリアル・コムリンク・ブルートゥース・コミュニケーター

まずはこちら、「Imperial Comlink Bluetooth Communicator」(インペリアル・コムリンク・ブルートゥース・コミュニケーター)である。これは帝国軍が使用している「コムリンク」型のブルートゥース・コミュニケーターで、どうやらブルートゥースを介しての音楽再生に用いることが出来るようである。


Imperial Comlink Bluetooth Communicator
https://disneyparks.disney.go.com/

 

このコムリンクの形状を見た途端に、スター・ウォーズ愛好家であれば、あの『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(Star Wars Episode IV: A New Hope)におけるデス・スター内部での、ゴミ圧縮機の中に閉じ込められたルーク・スカイウォーカーとC-3POとのやり取りなどが頭を過るはずである。さすがディズニー、なかなかコアな部分を姑息に突き刺してくる。

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=7U3Oti2L8S4&w=560&h=315]

 

さてこのコムリンクとは、劇中に登場する音声通信専用の携帯型通信装置、言わば小型トランシーバーであり、携帯型やヘルメット内蔵型など様々なタイプのものが存在し、銀河系にも広く普及している。この商品になっている帝国軍が使用しているタイプのものは、そのコムリンクの中でも「ソロスーブ社製C1パーソナル・コムリンク」(Sorosubu Co. C1 personal commlink)に該当する。実際のコムリンクの利用可能範囲は50キロメートルほどだそうだが、好条件下では地上と低軌道にある宇宙船との間でも通話可能であり、また拡張された衛星通信網に接続することにより、さらに利用可能距離を延ばすことも可能だという。

 

Imperial Comlink Bluetooth Communicator
https://disneyparks.disney.go.com/

ちなみに商品版にはベルトグリップが付属しているため、外出時にも、例えば通勤通学のお供などには最適、こっそりと手の内に隠して会話をしているような素振りを取れば、「あっ、あれはソロスーブ社製C1パーソナル!さては帝国側の人間だな。」と、注目の的になること請け合いである。

リモート・コントロール・マウス・ドロイド

さて次はこちら、「Remote controlled Mouse Droid」(リモート・コントロール・マウス・ドロイド)、見ての通り、リモコンで動かせるマウス・ドロイドである。こちらもやはり『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』においての、ストームトルーパーに変装したルークとハン・ソロがチューバッカを連行するフリをする際などに登場している。ちなみに驚くと奇声をあげる(商品版での奇声機能は未確認)。

 

Remote controlled Mouse Droid
https://disneyparks.disney.go.com/

 

このマウス・ドロイドは厳密にはMSE-6シリーズ修理ドロイド(MSE-6 series repair droid)と呼ばれるドロイドであり、マウス・ドロイドというのは通称のようである。

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=cLqNmMH4hsg&w=560&h=315]

 

マウス・ドロイドは帝国艦船やデス・スターのようなバトル・ステーション内部でのメッセージの伝達および伝播のような軽作業が主な用途とされている。また、複雑に入り組んだ通路においての兵士たちの誘導係としても使用されている。デス・スター内部では、確かストームトルーパーの誘導を行っているようなシーンもあったような気がする。ちなみに、このマウス・ドロイドには内部に2本の小さな腕が収容されており、ぼくの記憶だと劇中では一切そのような様子は伺えなかったが、簡易的な修理や整備、また保安作業などを行うことも出来るらしい。

 

余談だが、このマウス・ドロイドは、当初はチャドラ=ファンの故郷である惑星チャドにおいて、リバクサン・コルムニ社(Rebaxan Columni)がプリーキーという生物の容姿を模倣して製造した汎用多目的ドロイドであったという。その後チャドラ=ファンたちが、銀河市場においてこのドロイドの造形をウリにして、愛玩用としても売れるだろうと目をつけ、実に10億体ものマウス・ドロイドを生産したそうである。製造し過ぎにも程があるが・・・。そして、その目論見は当たり、マウス・ドロイドは好調な売れ行きを見せたそうなのだが、しばらくしてから逆にその造形が仇となり、疫病を媒介する害獣を連想させると不評を呼び、大半が返品されてしまったという・・・、なんてことだ。

 

Chadra-Fan
http://www.starwars.com/

そんな経緯があり、結局多くのマウス・ドロイドは、大量のドロイドを必要としていた帝国軍に格安で提供されることとなり、特にドロイドが不足していた帝国“宇宙”軍の雑用ドロイドとして、日夜あくせくと働いているということである。

 

まあそんなわけで、こういったことを踏まえてみると、より一層欲しくなる商品だと思う。

このコムリンクとマウス・ドロイドを手に入れて、さらにはもちろん『スター・ウォーズ』愛好家なら誰でも持っているであろうストームトルーパーのコスチュームを着込めば、もう完璧。足元にマウス・ドロイドを走り回らせながら、時折立ち止まって腰につけたコムリンクをワケあり気味に口元に当てれば、まさにその場がデス・スター内部と化すだろう。

来るハロウィンにはちょっと間に合わないかもしれないが、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)公開時の鑑賞のお供に、あるいは来年の正月の初詣にと、その活躍の場も大いに見込める。

ちなみにどこで手に入るのかと言えば、米国ではディズニーランド、そしてウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートなどで購入可能となるらしい。また、ディズニー・パークのアプリを使用しての購入が可能らしいが、日本ではどうなるのだろうか。

どうしても日本で購入したい場合には、取扱情報など、東京ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドに問い合わせてみれば、あるいは東京ディズニーランドでのリリース情報などを聞くことが出来るかもしれない。

そして、もし日本での購入が不可能なようであれば、当然、購入希望者お誘い合わせの上、ミレニアム・ファルコンか何かに乗って、本場のディズニーに突入するしかないだろう。それだけの価値はあるはず、おそらく。

source: Disney Parks blog

Writer

Mujina
MujinaMujina Tsukishiro

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly