Menu
(0)

Search

『イン・ザ・ハイツ』冒頭映像8分30秒、魂の歌とダンスで贈るメインテーマ

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『ハミルトン』のリン=マニュエル・ミランダによる傑作ブロードウェイ・ミュージカルの映画版イン・ザ・ハイツより8分30秒のオープニング・シーンが公開された。テーマ曲「イン・ザ・ハイツ」とともに主要人物が次々に登場、熱い歌とダンスで観る者を映画の世界に引き込んでくれる。

トニー賞で最優秀作品賞など4冠、グラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞に輝いた『イン・ザ・ハイツ』を映画化した本作は、全米の有力誌がこぞって「今年最も観たい映画」に挙げた注目作。2021年6月11日に全米3456スクリーンで公開されるや、13日(日)までの3日間で1,140万5,000ドルのオープニング成績を記録する大ヒットとなった。今後、全米でのロングランヒットやヨーロッパ・アジアなど世界各国での大ヒットが期待されている。

オープニングのダンスシーンは、ニューヨークの片隅にある実在の街「ワシントン・ハイツ」で、主人公ウスナビ(アンソニー・ラモス)が朝、自らオーナーを務めるコンビニへ向かう様子からスタート。ウスナビに挨拶するピラグア・ガイは、『イン・ザ・ハイツ』の生みの親リン=マニュエル・ミランダ。さらに、住人たちの母親的存在であるアブエラ(オルガ・メレディス)、タクシー会社で働くベニー(コーリー・ホーキンズ)、ウスナビが想いを寄せるヴァネッサ(メリッサ・バレラ)などが次々とコンビニにやってくる。

人々が夢を追ってこの街へやってきたこと、彼らはそれぞれ問題を抱えていること、そして街自体が大きな危機を迎えていること……。移民である住人たちが居場所を追われる危機の中で歌い上げる「何度でも立ち上がる」というメッセージが胸を打つ。リン=マニュエル・ミランダが現在も暮らすワシントン・ハイツの路上で繰り広げられる群舞には、実際の住人たちを含め、500人以上のダンサー・エキストラが参加した。

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

原作舞台を手がけたのは、代表作『ハミルトン』がトニー賞最優秀作品賞など計11部門に輝いたリン=マニュエル・ミランダ。作詞家・作曲家・脚本家・俳優・ラッパーと多才なミランダの初作が、この『イン・ザ・ハイツ』で、トニー賞で作品賞・楽曲賞など4部門を受賞(13部門ノミネート)。ミランダは映画版でも原案・製作・作詞・作曲・出演を兼任した。監督は『クレイジー・リッチ!』(2018)のジョン・M・チュウ

すでにアメリカでは「新旧の偉大なミュージカル映画を想起させつつ、大きな飛躍を感じさせる」「今必要な希望のメッセージが込められている」「オスカー間違いなし。10年に1本の傑作ミュージカル」との絶賛が続出。アリアナ・グランデは「なぜこれほど美しく完璧なのかが理解できないくらい。驚くほどの出来栄え」、ヒュー・ジャックマンも「圧倒された。演技もダンスも音楽も演出も信じられないほどに素晴らしい」と称えた。米Rotten Tomatoesでは96%フレッシュを記録している。

映画『イン・ザ・ハイツ』は2021年7月30日(金) 全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly