Menu
(0)

Search

1年延期のミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』は「夢見る全てが詰まっている」、出演女優が一足先に「圧倒された」と感想

イン・ザ・ハイツ

新型コロナウイルスの影響を受けて、米国公開が2020年6月26日から2021年6月18日に延期されていた傑作ブロードウェイ・ミュージカルの映画版『イン・ザ・ハイツ』を、ヴァネッサ役を演じる女優メリッサ・バレラが一足早く鑑賞したようだ。米Cinema Blendにて、その感想を語っている。

巨匠リン=マニュエル・ミランダによる舞台デビュー作の映画版『イン・ザ・ハイツ』は、当初予定されていた2020年6月から2021年6月に米国公開が延期されている。世界中が待ち望む映画版について、バレラは「はい、観ましたよ。完成版ではないですけどね。でも、あと少しで完成というところでしたよ」と鑑賞済みであることを認めた。「圧倒されました。美しくて、衝撃的で。私たちの文化がどれほどまでに美しくて、感情的で、感動的であるかを祝福するかのようでしたよ。私が夢見ること全てが詰まっていました。本当に美しいので、世界中で公開されることが楽しみでなりません」。

バレラが本作を鑑賞した時期については定かでないが、製作が順調に進んでいることを伺わせる内容だ。そんな期待を唆られる本作の舞台となるのは、変わりゆくニューヨークの一角にある“ワシントンハイツ”。主人公ウスナビは、取り柄がないながらも「いつか有名になる」という夢を抱えていた。厳しい現実に直面する中、ウスナビはチャンスを諦めず、過酷な現実からも逃げ出さず、夢を掴むための一歩を踏み出そうとする。

監督は『クレイジー・リッチ!』(2018)のジョン・M・チュウ。出演者にはメリッサ・バレラの他、『アリー/スター誕生』(2018)のアンソニー・ラモス、『ブラック・クランズマン』(2018)のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライター/歌手のレスリー・グレースらフレッシュかつ実力確かな顔ぶれが揃った。

あわせて読みたい

Source: Cinema Blend

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly