Menu
(0)

Search

MCU「インフィニティ・サーガ」特別映像が米公開 ─ 『アイアンマン』から『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』までを凝縮

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の約12年間を振り返る、「インフィニティ・サーガ」の特別映像が米国にて公開された。

この映像は、2019年7月、世界最大のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン(Comic-Con International: San Diego 2019)」にてお披露目されたもの。その後、同じく7月に米国で開催されたカンファレンス・イベント「SIGGRAPH 2019」でも上映されており、SIGGRAPHの公式ライブ・ストリーミングには、該当の映像もきちんと記録されていたのである。

この映像には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

この映像は、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーをはじめとした単独映画を有するヒーローを主軸に、MCUの過去23作品をまるごと振り返っていく内容となっている。短い場面の連続で構成されているため、どのシーンがどの映画かを思い出しながら見るのも楽しいだろう。また、単独映画のテーマ曲が一瞬流れる趣向も粋だ。

ひとつのポイントは、「インフィニティ・サーガ」が『アイアンマン』(2008)から『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)までであることが明確に示されたことだろう。これまでは“『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)がサーガの締めくくりであり、『ファー・フロム・ホーム』は新章の第1作である”との見方もあり、インフィニティ・サーガの範疇は確定されていなかったのだ。しかしマーベル・スタジオは、MCUのフェイズ1からフェイズ3までの全23作品で「インフィニティ・サーガ」と定義づけているわけである。サーガ全体のロゴがきちんと用意されていることにも注目だ。

なおマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、インフィニティ・サーガ全作品のボックスセットを2019年内に米国でリリースすることを明言済み。特典映像として、これまで表に出されていなかった未公開シーンも多数収録される予定で、そのうち『アイアンマン』ポストクレジットシーンの別バージョンは「サターン賞」授賞式で上映されて大きな話題を呼んだ。なお、日本を含む海外でのリリースについては不明となっている。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly