Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がMCUのまだ見ぬ世界を開拓?さらなる映像表現にスタッフが意欲

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)は、大勢のヒーローが総出演する“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成”となる一本だ。今回、スタッフの一人がその驚くべき映像世界についていち早く教えてくれた。

Comicbook.comの取材に応じたのは、これまでのMCUで『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ドクター・ストレンジ』に関わってきたチャールズ・ウッド氏だ。過去4作品に続き、『インフィニティ・ウォー』にもプロダクション・デザイナーとして参加している。日本公開を1月27日に控える『ドクター・ストレンジ』では、ストレンジの屋敷サンクタム・サンクトラムから、予告編でも見られる“歪んだニューヨーク”までを手がけた、いわば映像づくりのキーパーソンである。

ウッド氏は、『インフィニティ・ウォー』の脚本を読んだ感想を以下のように語っている。

「ページをめくるたび、目の前にあるものに驚かされたし、圧倒されたし、恐れを感じたよ。『ドクター・ストレンジ』と同様、この映画は(過去の)繰り返しではない作品だと思うよ。要するに、この映画には新しい世界がたくさん、たくさん登場するんだ」

『インフィニティ・ウォー』の脚本には、ウッド氏にとっての“課題”がたくさん詰まっていたようだ。それもそのはず、多くのマーベル・ヒーローが登場する本作の舞台は、もはや地球だけにとどまらないだろう。地球を舞台にする『アベンジャーズ』、新時代のスペース・オペラである『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、量子の世界へと潜っていく『アントマン』、次元を超えて戦う『ドクター・ストレンジ』など……。あらゆる作品のキャラクターが一堂に会するということは、それぞれの世界観が融合を果たすことでもあるはずだ。

もちろんマーベル・シネマティック・ユニバースは、あらゆる作品で、そのつど作品の世界観に非常に適した表現を採用してきた。ほんの一例を挙げるなら、たとえば『アベンジャーズ』ではダイナミックに大都市を破壊したかと思いきや、『シビル・ウォー』ではロケーションを限りなく活かして“人vs人”のアクションとドラマを魅力的に描いている。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では壮大な宇宙空間や異星の風景が、その一方で『アントマン』ではなんの変哲もない生活空間が、圧倒的なスペクタクルとともに映像化されたのだ。

『アントマン』 http://www.artofvfx.com/ant-man-alex-wuttke-vfx-supervisor-double-negative/ (C) 2015 Marvel
『アントマン』
http://www.artofvfx.com/ant-man-alex-wuttke-vfx-supervisor-double-negative/ (C) 2015 Marvel

それでも『インフィニティ・ウォー』がこれまでの作品と一味も二味も違うのは、それらをひとつの世界観のもとで織り直さばならないという点だ。またウッド氏の「新しい世界がたくさん登場する」という言葉からは、『インフィニティ・ウォー』では、これまでの作品に登場しなかった世界が新たに加わることもわかる。そんな中で、いかにMCU作品としてのリアリティを守り、いかに観客に驚きと感動を与えるのか? ウッド氏の「恐れを感じた」という言葉には、その責任を負う者ゆえの重みがある。

そんな『インフィニティ・ウォー』のヒントになるのは、ウッド氏が例に挙げた『ドクター・ストレンジ』だろう。その独創的な映像表現とアクションは、すでに本国などで非常に高い評価を受けている。『インフィニティ・ウォー』が紡ぎ出す映像世界の一端は、きっと『ドクター・ストレンジ』で窺えるに違いない。もっとも『インフィニティ・ウォー』は、その“独創性”をも取り込んで、MCUのさらなる到達点を目指すことになるはずだが……。

映画『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日公開予定。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日米国公開予定だ。

[注:本記事のタイトル画像は映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のメイキング写真であり、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に関するものではありません。]

source: http://comicbook.com/2017/01/17/exclusive-avengers-infinity-war-production-designer-teases-many-/
Eyecatch Image: http://www.cgmeetup.net/home/captain-america-civil-war-behind-the-scenes-2/
(C) 2016 Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly