Menu
(0)

Search

マーベル新ドラマ『インヒューマンズ』ビジュアル解禁!IMAXでも公開、映画並のスケールに

かねてよりマーベル・ファンの間で制作動向に関心が集まっていたドラマ『インヒューマンズ(原題:Inhumans)』の公式ビジュアルがEntertainment Weeklyより初公開となった。

『インヒューマンズ』はタダモノではない

映画、TV放送ドラマ、ネット配信限定ドラマとあらゆる形でファンにリーチするマーベル・エンターテインメントから新たに放たれる『インヒューマンズ』は、全く新しい取り組みを行うドラマだ。本編は人気TVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』と同じくABC局が製作を手がけ、世界観も共有。つまり、マーベル・シネマティック・ユニバースと同一世界軸での物語となる。『インヒューマンズ』の存在は既に『エージェント・オブ・シールド』劇中で示唆されており、今作の脚本を手がけるスコット・バックは「S.H.I.E.L.Dでの出来事は今作にも影響してくるだろう」と語っている。

もともと2019年夏に劇場公開映画として映像化される予定だった『インヒューマンズ』だったが、全8話のTVドラマシリーズとしてプロジェクトをリスタートさせた。しかし、壮大なるインヒューマンズの物語はTVのモニタでは狭すぎる。今作の第一話と第二話は、2017年秋の全米放送に先駆け、9月1日にIMAX劇場でプレミア上映されることが決定しているのだ(日本での上映については現時点で情報なし)。前出のバックは「最初の2話はまるで映画のようだよ。IMAXで撮影できたことによって自由を手に入れ、もっとデッカく考えようという気持ちになった。通常のテレビシリーズとして撮影していたら、こんな風には考えなかった」と語っている。

よく「海外ドラマってスケールが大きくて、もう映画みたいだよね」なんて語ることがあるが、正真正銘、IMAXの巨大スクリーンで上映できるほどのクオリティだというのだから、『インヒューマンズ』はタダモノでなさそうだ。

インヒューマンズって?

ところで、日本ではあまり紹介される機会のなかったインヒューマンズとはどんな物語なのだろう。

彼らがコミックに初登場したのは1965年の『ファンタスティック・フォー』でのこと。その後1975年からは単独タイトルもリリースされている。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場するロナンと同じ種族であるクリー星人によって作られた、人間とエイリアンのハイブリッドによる超人種族で、成人の儀式に”テリジェン・ミスト”と呼ばれる神秘の霧を浴びることでスーパーパワーを目覚めさせる。

ドラマの舞台となるのは地球と、テクノロジーが進んだアティランと呼ばれる街。王室が重大な危機に面しており、数人が地球のハワイに逃げ出してきて…、というあらすじが伝えられている。

インヒューマンズの中心となるのはブラック・ボルトというヒーロー。惑星を破壊できるほどに強力な”声”の持ち主で、そのため普段は喋ることができない。バックは「ブラック・ボルトを描くのは難しかったよ。だって話さないからね。それでも彼は我々のヒーローであり、物語の中心人物なんだ。彼のストーリーをどう伝えるかというのは挑戦的だった」と語っている。演じるアンソン・マウントが明かした所によれば、ブラック・ボルトは手話を使ってコミュニケーションを取るそうだ。

ほか、メデューサ(セリンダ・スワン)やゴーゴン(イーム・イクワカー)、クリスタル(イザベル・コーニッシュ)、マキシマス(イワン・リオン)の姿も明かされている。中でも目を引くのは、左から二番目のカルナックの姿だ。演じるのはケン・レオンで、『X-MEN:ファイナルディシジョン』ではキッド・オメガを演じているほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも登場している。

ちなみに今作の脚本を手がけたバックは、Netflixドラマ『アイアン・フィスト』の仕事を終えたばかり。しばらく休暇を取ろうと考えていた折、プロデューサーのジェフ・ローブに『インヒューマンズ』の話を持ちかけられ、参加したそうだ。各キャラクターのパーソナリティについて議論を重ねたというバックは、「彼らを可能な限りリアルに描こうと試みた。彼らのパワーは、それぞれのキャラクターにとって自然なものになるようにしたかったんだ」と説明している。

目下リリースに向けて鋭意製作中の『インヒューマンズ』は、今のところ『エージェント・オブ・シールド』との具体的なクロスオーバーについての目処は立ってないとされているが、ドラマのヒット次第では更なる拡大もあり得るだろう。MCU作品として、映画での言及にも期待したいところ。

ドラマ『インヒューマンズ』は、第1〜2話が2017年9月1日から2週間限定で全米IMAX劇場公開。秋より米ABC系列で全8話の放映開始。いずれも日本での展開については情報が届いていない。

Source:http://ew.com/tv/2017/05/04/marvel-inhumans-photo-abc/
http://comicbook.com/marvel/2017/05/04/marvel-reveals-first-look-at-inhumans/
Eyecatch Image:http://ew.com/tv/2017/05/04/marvel-inhumans-photo-abc/
©MARVEL

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly