米ディズニーランドの『スター・ウォーズ』テーマパーク、舞台となるのは新惑星の「バトゥー」と判明

アメリカのディズニー・リゾートにて建設中のスター・ウォーズのテーマパーク『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』の舞台となる惑星が“バトゥー(Batuu)”という名称であることが公式に明かされた。

スター・ウォーズ公式WebサイトStarWars.comでは、ゲストが実際に足を運ぶことになる新たな惑星バトゥーの詳細について、以下のように紹介している。

「中心部から遠く離れたこの地は、かつては古い準光速交易路として栄えましたが、ハイパースペース旅行の台頭によって迂回されることとなりました。現在では、密輸業者、危険なトレーダーや、未知の領域を旅する冒険家といったメインストリームを避けたい人々にとっての港として繁栄しています。また、ファースト・オーダーの手を逃れたい人々にとっても、好都合で安全な避難所です。バトゥーは私たちにとっては新しい惑星ですが、スター・ウォーズ・サーガに登場する多くのキャラクターたちにとっては、壮大な冒険から一歩外れたポイントとして既にお馴染みの地なのです。」

スター・ウォーズ史上初となるテーマパーク『ギャラクシーズ・エッジ』は、カリフォルニア州のディズニーランドとフロリダ州オーランドのディズニー・ハリウッド・スタジオの2ヶ所で建設が進められている。スター・ウォーズの世界に踏み込むゲストには様々なアトラクションが用意されており、うちひとつではミレニアム・ファルコン号に乗り込みレジスタンスとファースト・オーダーが繰り広げられる戦闘の真っ只中に飛び込んでいく。クリーチャーやドロイドなどが行き交うパーク内では銀河のならず者らが集まる酒場などもあり、ゲストらはブルー・ミルクなどスター・ウォーズ世界の飲食物を口にすることもできるという。

『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』は2019年オープンと伝えられている。バトゥーへ向けた旅費は、今から貯金しておけば決して遅くないはずだ。

Source:http://www.starwars.com/news/welcome-to-batuu-star-wars-galaxys-edge-planet-revealed-on-star-tours?cmp=smc%7C1161574516

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。