Menu
(0)

Search

オスカー・アイザック、ハリウッド映画版『メタルギアソリッド』スネーク役に立候補 ─ 監督も前向きな姿勢

オスカー・アイザック
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19492056478

『スター・ウォーズ』新3部作のポー・ダメロン役などで知られるオスカー・アイザックが、日本発の人気ゲーム『メタルギアソリッド』シリーズのハリウッド映画化企画に“立候補”している。

最新作『トリプル・フロンティア』のプロモーションで米IGNのインタビューに登場したアイザックは、「もしもビデオゲームが映画化されるなら、出演したい作品は?」との問いかけに、「『メタルギアソリッド』ですね。立候補しますよ」と答えたのだ。もちろんアイザックが演じたいのは、主人公のソリッド・スネークとのこと。この回答は、すぐに米国の映画ファン、ゲームファンの間で大きな話題となった。

実はこれに先がけること約半年、2018年8月に、SNSを中心に大きな人気を博するアーティスト、BossLogic氏が“もしもオスカー・アイザックがソリッド・スネークを演じたら”というイメージ・アートを投稿している。ヘンリー・カヴィルの例もあわせて掲載されているが、こちらの絶妙な仕上がりをまずはご覧いただきたい。

ハリウッド映画版『メタルギアソリッド』で監督を務めると報じられているのは、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)を手がけたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。『メタルギアソリッド』の生みの親である小島秀夫氏とは、氏の新作ゲーム『DEATH STRANDING』をいち早くプレイさせてもらえるほど深い親交をもつクリエイターだ。

アイザックの“立候補宣言”を受けて、ロバーツ監督のもとには、「オスカー・アイザックがスネークを演じたがっていますが、どう思いますか?」との声が多数寄せられた模様。ここでロバーツ監督は、“ある衝撃の事実”を明らかにしている。なんと、アイザックがスネークに扮しているアートをBossLogic氏に依頼したのは、ほかでもないロバーツ監督だったのだ…!

ここでロバーツ監督は、映画版『メタルギアソリッド』のキャスティング作業がまだ始まっていないことを明らかにしつつ、スネーク役については「オスカーが決める番」だとしている。BossLogic氏へのメッセージで、ロバーツ監督はアイザックについて「大好きな俳優」だと記していた。いわば相思相愛という状況だが、さて、この先どうなる…!

あわせて読みたい

Source: IGN

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly