Menu
(0)

Search

2017年MTVアワードでも注目、『イット』最新ティザー映像は「ルーザーズクラブ」にフォーカス!

2017年9月8日に米国公開予定となっている恐怖のクラウン映画、スティーヴン・キングの同名小説を原作としたアンディ・ムスキエティ監督による『イット』だが、日本での公開予定は残念ながら今のところ発表されていないようである。

2017年に公開が予定されているキングの小説を原作とした映像作品は、以前にも触れたように、実はこの『イット』だけでなく、この他にもなんと3作品が待ち構えている。米国のケーブルテレビ局“Spike”において6月22日から放送が開始されるテレビシリーズ版『ザ・ミスト(原題:The Mist)』、8月4日に公開されるニコライ・アーセル監督の『ザ・ダーク・タワー(原題:The Dark Tower)』、そして米国のテレビネットワーク“Audience”のオリジナルシリーズとして8月9日から放送が開始される『ミスター・メルセデス(原題:Mr. Mercedes)』と、今夏の米国はキング祭りとなっている。しかし前述のように、『イット』を含むこれらの作品は、まだ日本ではあまり取り沙汰されていないようである。

そんな折、米国現地時間の2017年5月7日にカリフォルニア州ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた“2017 MTV Movie & TV Awards”(MTVムービー&TVアワード)において、『イット』の最新ティザー映像が公開されたようなのでご紹介したいのだが、その前にせっかくなので本年度のMTVアワードについても少しだけ触れておきたい。

2017年MTVアワードを振り返る

このMTV主催の映画祭は1992年に設立されて以来、昨年2016年度までは映画賞のみであったが、今年2017年度からは映画祭の名前を見てもわかる通りテレビ部門が新設されている。今回、最優秀作品賞の映画部門にはビル・コンドン監督の『美女と野獣』、そしてテレビ部門にはショーン・レヴィ製作総指揮による『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が選ばれている。そのハイライトシーンの動画が公開されているので、興味のある方はご覧いただきたい。

また同映画祭は、他の映画祭にはあまり見られない特有の賞が設けられていることでも知らており、先に取り上げた映像にも一部チラッと映っているが、例えば本年度の最優秀キスシーン賞にはバリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』に出演しているアシュトン・サンダースとジャハール・ジェロームが選ばれていたり、最優秀悪役賞には『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガンが選ばれていたり、最優秀デュオ賞にはジェームズ・マンゴールド監督の『LOGAN/ローガン』に出演しているヒュー・ジャックマンとダフネ・キーンが選ばれていたりする。以下は最優秀キスシーン賞と最優秀デュオ賞の受賞の瞬間である。

https://youtu.be/wTJMqPOgzjM

https://youtu.be/wfJym2twnLw

さて話を戻して、今回の同映画祭には、前述の2017年版『イット』に出演している主役たち“ルーザーズクラブ”役の面々も出席している。

実は彼らの中には、最優秀作品賞に輝いた『ストレンジャー・シングス』にも出演しているメンバーがひとりいる上に、若干かぶり気味の仲良しグループ的雰囲気から、うっかりすると間違いやすいが……以下が『ストレンジャー・シングス』のメンバーである。しかも真ん中の赤いお姉さんはメンバーでも出演者でもなく歌手のカミラ・カベロなので、さらにややこしい写真だけれど……いずれにせよこちらはルーザーズクラブではないよ、お間違いのないように。

『イット』最新映像はルーザーズクラブにフォーカス!

今回公開された『イット』のティザー映像は、主にこのルーザーズクラブに焦点を当てたものになっている。キングによる原作やテレビ映画版『イット』をご存じない方は、「ルーザーズクラブって?」と思われるかもしれない。簡単にいうと、物語の中で子供たちによって結成されるライトな秘密結社的趣を持つ仲良しグループみたいなものである。細かいことに関しては、ぜひキングの原作をお読みいただきたいが、本作品においてそのメンバーを演じる俳優たちに少し触れておこう。

上段左から、話題のディザスター映画、ディーン・デヴリン&ダニー・キャノン監督『ジオストーム(原題:Geostorm)』や、ペイトン・リード監督『アントマン』に出演しているジェレミー・レイ・テイラー(ベン・ハンスコム役)。

そしてジェームズ・ガン監督「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のワイヤット・オレフ(スタンリー・ユリス役)は、まさかのボブ・ロス・リスペクト!

『ハワイファイブオー(原題:Hawaii Five-0)』のチョーズン・ジェイコブス(マイク・ハンロン役)、ルーザーズクラブのメンバーはプライベートでも仲良しなのかな?

そして下段左から、ケバン・ピーターソン監督『スケールズ:マーメイズ・アー・リアル(原題:Scales: Mermaids Are Real)』のジャック・ディラン・グラザー(エディ・カスプブラク役)。『ストレンジャー・シングス』のフィン・ヴォルフハルト(リッチー・トージア役)は時々音楽も嗜む。

セオドア・メルフィ監督『ヴィンセントが教えてくれたこと』や、ジェフ・ニコルズ監督『ミッドナイト・スペシャル』のジェイデン・リーバハー(ビル・デンブロウ役)、彼は『NARUTO -ナルト-』が好きなようである。

そして紅一点、ジュリー・テイモア監督『夏の夜の夢』のソフィア・リリス(ベバリー・マーシュ役)。

原作では、ルーザーズクラブの物語は子供時代だけではなく、彼らが大人になった成長後の話も語られるのだが、前編として2017年に公開される本作品は『イット:パート1 – ザ・ルーザーズ・クラブ(It: Part One – The Losers Club)』とも呼ばれており、彼らの子供時代のみの物語になるようである。成長後を描いた後編はまだクランクインに至っていないようだが、2017年の夏頃には撮影開始されるのではないかといわれている。

というわけで最後に、MTVアワードで公開された『イット』の最新映像をお楽しみいただきたい。動画のサムネイルにもなってしまっているが、ペニーワイズの持つ風船がまさかの…、これ大丈夫?

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”it” sort=”latest_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”イット” custom_url=”https://theriver.jp/tag/it/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Writer

Mujina
MujinaMujina Tsukishiro

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly