Menu
(0)

Search

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』日本オリジナル予告&最新ビジュアルが到着 ─ チーム対抗、前作の応援上映も開催決定

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

巨匠スティーヴン・キングの傑作ホラー小説を映画化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の続編にして完結作、『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』の日本オリジナル本予告編と最新ビジュアルが到着した。待望の日本公開に先がけ、2019年9月27日(金)には前作の応援上映が開催されることも決定している。


子供が消える町に、“それ”は現れる。静かな田舎町で連続児童失踪事件が再び発生し、幼少時代に“それ”の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちには「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という“それ”からのメッセージが届いた。彼らは27年前の約束を果たすべく町に戻るが、“それ”は、より変幻自在に姿を変えてルーザーズクラブを追い詰めていく。なぜ、その町では子供が消えるのか。なぜ、事件は27年周期で起きるのか。“それ”の正体と目的は何か。そして、彼らはすべてを終わらせることができるのか…。

公開された日本オリジナルの本予告編は、27年にわたり息をひそめていた“それ”が、人々を恐怖のどん底に陥れることへの喜びを露わにする場面から始まる。幼き日のビルたちルーザーズ・クラブの7人は、27年後に“それ”が戻ってきたとき、この仲間で集まり“それ”と戦うことを誓っていた。ビルの弟ジョージーが連れ去られた忌まわしき下水溝から、“それ”は「27年間お前たちをずっと待ち焦がれていた、たまらないほどに」と呼びかける。何かを知っているかのようなベバリーは「みんな死ぬわ、恐怖に負けて一生逃げられない」と怯えるのだった。過去と現在が交錯しながら予測不能のストーリーが展開し、ついに全ての謎が明かされる。

本作は2019年9月6日(金)に世界各国で公開され、全米興収ランキングの初登場No.1を獲得、世界興収は3日間で1億8,500万ドル(約197億円)という大ヒットとなった。これを記念し、『IT/イット』の謎にまつわる“27”の日である2019年9月27日(金)には、東京・大阪2会場で「『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ペニーワイズVSルーザーズ・クラブ<チーム対抗>応援上映!」が開催される。当日は“それ”からのスペシャルメッセージが届くほか、本編上映後には、ここでしか観られない『IT/イットTHE END』の本編映像の特別上映も。応援用の特製うちわも配布されるというから、両チームともぜひ健闘を祈りたい。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作では、大人になったルーザーズ・クラブとして、リーダーのビル・デンブロウ役に『X-MEN』シリーズのジェームズ・マカヴォイ、ベバリー・マーシュ役に『モリーズ・ゲーム』(2018)などのジェシカ・チャステインが起用された。前作からはペニーワイズ役のビル・スカルスガルド、ルーザーズ・クラブの少年少女期を演じた子役たちが続投。監督にはアンディ・ムスキエティ、脚本もゲイリー・ドーベルマンが再登板した。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、2019年11月1日(金) 全国ロードショー(IMAXⓇ/4D/吹替版 同時公開)。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly