Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ』アイヴァン・ライトマン監督が逝去、75歳

Ivan Reitman アイヴァン・ライトマン
Photo by Canadian Film Centre https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Directors_Arthur_Hiller_and_Ivan_Reitman_attend_The_Canadian_Film_Centre_cocktail_reception_2011.jpg

ゴーストバスターズ』シリーズなどで知られる映画監督、アイヴァン・ライトマンが逝去したことがわかった。75歳だった。

2022年2月12日(現地時間)に監督・プロデューサーのアイヴァン・ライトマンが、カリフォルニア・モンテシートの自宅にて就寝中、静かに息を引き取ったと、APを通じて監督の家族が報告した。監督の子供たちであるジェイソン・ライトマン、キャサリン・ライトマン、キャロライン・ライトマンによる共同声明は以下の通り。なお、死因は明らかにされていない。

「私たち家族は、人生における魔法を常に探し求めることを教えてくれた夫、父、そして祖父である彼の突然の死に悲しんでいます。フィルムメイカーとしての彼の仕事が、世界中の数え切れないほどの人々に笑いと幸せを届けたことは、私たちにとっての慰めです。私たち家族は個人的に追悼していますが、映画を通して彼を知った人たちが、彼を忘れずに覚えていてくれることを願っています。」

アイヴァン・ライトマン監督は、『ゴーストバスターズ』シリーズをはじめ、『ツインズ』(1988)『キンダガートン・コップ』(1990)『6デイズ/7ナイツ』(1998)などを手掛けたことでも知られる。息子のジェイソン・ライトマンは、父親と同じく映画監督の道を進み、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』(2021)では監督・共同脚本を務めた。『ゴーストバスターズ』(1984)『ゴーストバスターズ2』(1989)の続編映画である同作では、“ゴーストバスターズ”のメンバーの孫娘たちの活躍が描かれている。アイヴァン・ライトマン監督も製作を務めた。

ご冥福をお祈りします。

Source:AP

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly