Menu
(0)

Search

『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール監督新作『Nope』米予告編、住民たちが見上げる空にあるモノとは? ─ 2022年夏に日本上陸へ

https://youtu.be/In8fuzj3gck

『ゲットアウト』(2017)『アス』(2019)につづくジョーダン・ピール監督最新作『Nope(原題)』より予告編が米国公開された。あわせて、米スーパーボウルでのスポット映像が日本のユニバーサル・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネルより公開されており、“2022年夏”に日本上陸することが明らかにされている。

ホラージャンルを通して人種問題を容赦なく描いてきた鬼才、ジョーダン・ピールによる待望の最新作。キャストには、『ゲットアウト』のダニエル・カルーヤをはじめ、『ミナリ』(2020)のスティーヴン・ユァン、『ハスラーズ』(2019)のキキ・パーマーらが名を連ねている。アメリカ・カリフォルニア州内陸部の孤立した峡谷にて、“不気味で恐ろしい発見”を目撃する住民たちを演じているとのことだ。

公開された予告編の冒頭では、ダニエル・カルーヤとキキ・パーマー演じる地元住民が、“ハリウッドで黒人が経営するたったひとつの牧場の調教師”であることが明らかにされる。その牧場を自信満々に宣伝するパーマーのキャラクターだが、カルーヤが演じるもうひとりの調教師はどこか呆れた様子だ。ポップな雰囲気で展開されていた前半だが、音楽が切り替わるとともに不気味な雰囲気へと一転住民たち全員が空を見上げると、そこにはUFOらしきものが映っているが、果たしてその正体とは。怯える住民たちの姿を観る限り、間違いなく喜ばしいものではなさそうだ。さらに最後には、その空へと吸い込まれるように飛ばされる女性の姿まで捉えられている。

本作にて撮影監督を務めたのは、『her/世界でひとつの彼女』(2013)『アド・アストラ』(2019)などのホイテ・ヴァン・ホイテマ。またクリストファー・ノーランとは、『インターステラー』(2014)『ダンケルク』(2017)『TENET テネット』(2020)でタッグを組み、『オッペンハイマー(原題:Oppenheimer)』にも撮影監督として参加予定である。圧倒的な映像美で話題を呼んだ数多くの作品の撮影を担当してきた逸材だ。

映画『Nope(原題)』は、2022年7月22日に米国公開。日本では、2022年夏に公開予定。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly