Menu
(0)

Search

ガーディアンズ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』登場の新宇宙船の名は「ベネター」 ─ 80年代の女性ロックシンガーから

マーベル・スタジオ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督によれば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが乗っていた新たな宇宙船の名前は、“ザ・ベネター(The Benatar)”であることがわかった。監督がTwitterにて紹介した。

この名は、1979年のシングル”Heartbreaker”でブレイクした女性シンガー、パット・ベネターから取られたもの。もちろん監督のアイデアだという。パット・ベネターは1980年代に女性ロックミュージシャンとして成功を収め、グラミー賞を4度受賞している。ちなみに、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』および『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に登場した「ミラノ号」も、やはり往年の女性有名人から取られており、こちらは80年代を代表するアイドル、アリッサ・ミラノが由来となっていた

注意

ここからは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレ内容が含まれています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

ところで、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、ヨンドゥの跡を継いでヤカの矢の使い手となったクラグリンの姿がなかった。口笛ひとつで敵を自在に貫くことができるヤカの矢は、ヨンドゥのように使いこなすことができれば対サノス陣営における強力な戦力となったに違いないが、いったいクラグリンはどうしていたのだろう?

ジェームズ・ガン監督はこの質問について、「別のことをやってる」とだけ答えている。『インフィニティ・ウォー』の裏で別の物語を展開したクラグリンの活躍は、来たる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』で説明されるかもしれない。なお『Vol.3』は、既に脚本が完成済みということだ。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』は2020年米国公開予定

Source:James Gunn

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly