Menu
(0)

Search

ガーディアンズ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』登場の新宇宙船の名は「ベネター」 ─ 80年代の女性ロックシンガーから

©2017 MARVEL

マーベル・スタジオ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督によれば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが乗っていた新たな宇宙船の名前は、“ザ・ベネター(The Benatar)”であることがわかった。監督がTwitterにて紹介した。

この名は、1979年のシングル”Heartbreaker”でブレイクした女性シンガー、パット・ベネターから取られたもの。もちろん監督のアイデアだという。パット・ベネターは1980年代に女性ロックミュージシャンとして成功を収め、グラミー賞を4度受賞している。ちなみに、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』および『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に登場した「ミラノ号」も、やはり往年の女性有名人から取られており、こちらは80年代を代表するアイドル、アリッサ・ミラノが由来となっていた

注意

ここからは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレ内容が含まれています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

ところで、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、ヨンドゥの跡を継いでヤカの矢の使い手となったクラグリンの姿がなかった。口笛ひとつで敵を自在に貫くことができるヤカの矢は、ヨンドゥのように使いこなすことができれば対サノス陣営における強力な戦力となったに違いないが、いったいクラグリンはどうしていたのだろう?

ジェームズ・ガン監督はこの質問について、「別のことをやってる」とだけ答えている。『インフィニティ・ウォー』の裏で別の物語を展開したクラグリンの活躍は、来たる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』で説明されるかもしれない。なお『Vol.3』は、既に脚本が完成済みということだ。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』は2020年米国公開予定

Source:James Gunn

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly