Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』脚本完成!クリス・プラット「最高の映画になる」

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバースの勢いはまったく止まらない。映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が全世界で驚異的ヒットを記録する中、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』の製作もいよいよ動き出しているようだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプロモーションでET Canadaのインタビューに登場したクリス・プラットは、ジェームズ・ガン監督がついに脚本を完成させたこと、そのストーリーを教えてもらったことを明らかにしている。

「ジェームズ(・ガン)が脚本を書き終えてくれました。ストーリーを知ってますよ、最高の内容になると思います。きちんと3部作を完結させようとしているんです。つまり、1作目、2作目、3作目はそれぞれ独立しているんですが、すべてにまたがる物語があって、それがこの映画(Vol.3)で終わりを迎える。想像力に富んでいて、スケールが大きくて、面白くて、スピーディで、力強くて、そして愉快なんです。素晴らしいものになると思いますね、すごく楽しみです。」

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』について、ジェームズ監督は、2017年10月に脚本のトリートメント(要約)が完成したこと、サウンドトラックの選曲がほぼ完了したことを明かしていた。それから約半年が経過して、ついに本編の脚本が出来上がったわけである。そういえば2018年2月には、「スター・ウォーズ」ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルの出演をめぐるやり取りが繰り広げられていたが……結局、マークの出られそうな役はあったのだろうか?

スター・ロードやガモーラ、ドラックス、ロケット、グルートといった第1作のメンバーに加えて、ネビュラやマンティスといった顔ぶれを加えた宇宙の家族劇『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、これからどんな方向へ向かっていくのだろうか。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で待望のクロスオーバーを果たした後、スクリーンでどんな姿を見せてくれるのか、ひとまず完全に予測不可能だ。とにかく続報を楽しみにしておこう!

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』は2020年米国公開予定

Source: ET Canada
写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly