Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』米国初動興収、2億4,500万ドル突破見込み ― 『フォースの覚醒』超えまで200万ドル

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーが、米国におけるオープニング興行収入記録を保持する『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)超えを目指して大きな一歩を踏み出した。

Variety誌によれば、本作は2018年4月27日時点で興行収入約1億600万ドルを記録(米国時間。26日の前夜祭上映も含む)。『フォースの覚醒』が公開初日に稼ぎ出した1億1,920万ドルという数字には届かなかったものの、公開初日にして2018年の興行収入第5位にランクインするロケットスタートとなった。
ちなみに26日の前夜祭上映では3,900万ドルを記録し、2008年『ダークナイト』が保持していた、3,060万ドルというヒーロー映画の前夜祭興収記録を塗り替えることに成功している。

この初動を受けて、米Deadline誌は、4月29日までの3日間で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の興行収入は2億4,560万ドルに届くだろうと予測。Variety誌、The Hollywood Reporter誌も2億4,000万ドル超えはほぼ間違いないとみている。
『フォースの覚醒』のオープニング興収記録は2億4,790万ドルなので、Deadlineの予測通りに推移すればその差は230万ドル。『ブラックパンサー』(2018)が公開後すぐに専門家の予測を次々上回っていったことを鑑みれば、『フォースの覚醒』超えの可能性も十分に残されている状況だ。

なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月25日に韓国・フランス・オーストラリアで公開され、その後全世界で上映が始まった。4月27日(米国時間)時点で海外興収は1億7,850万ドルを記録しており、米国興収との合計は2億8,450万ドルとなっている。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。さて日本国内では、恐るべき集客を誇る『名探偵コナン』を破ることができるかどうか…!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: Deadline, Variety, THR
© 2018 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly