Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』米国での劇場公開が終了 ― 国内興収・世界興収ともに歴代第4位に

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成として製作された、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が米国での劇場公開を2018年9月13日(木曜日、現地時間)に終了した

米Box Office Mojoによると、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の米国興行収入の最終成績は6億7,881万5,482ドル。米国興収ランキングでは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2016)の9億3,666万ドル、『アバター』(2009)の7億6,050万ドル、『ブラックパンサー』(2018)の7億5万ドルに次いで歴代第4位となった。それにしても『ブラックパンサー』が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の猛追から逃げ切るとは、スタジオもファンも、当初は誰一人として予測していなかったのではなかろうか。

また『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の海外興行収入は13億6,764万3,723ドル、米国興収との累計興行収入(全世界興行収入)は20億4,645万9,205ドルという最終成績となった。累計興収ランキングにおいて、この数字は『アバター』の27億8,796万ドル、『タイタニック』(1997)の21億8,746万ドル、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2016)の20億6,822万ドルに次いで歴代第4位となっている。

もっとも、マーベル・シネマティック・ユニバース10周年の集大成はまだまだ終わっていない。2019年にはブリー・ラーソン演じる新ヒーローを迎えての重要作『キャプテン・マーベル』、そして遂に過去11年間の物語が完結する『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』が控えているのだ。この作品が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の成績にどこまで迫るのか、はたまたさらなる高記録を達成するのか、業界からは引き続き熱い視線が注がれることになるだろう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定

Source: Box Office Mojo
© 2018 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly