『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督、再び大胆予告 ― 「大きな悲しみが待っている、覚悟してほしい」

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には、以前から不穏な雰囲気が漂っている。2017年7月、アンソニー&ジョー・ルッソ監督は「強い衝撃に備えてほしい」「あらゆるものには終わりが来るべき」と発言。同年11月には、「誰を殺していいのか知っていた」と述べたのである。
こうした発言の数々から推察されるのは、多くの観客に愛されてきたヒーローが、本作あるいは『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)で退場する可能性だった。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の劇場公開を控えた今、監督はファンに対してさらなる“予告”を繰り出している。2018年4月8日(現地時間)、英ロンドンにて行われたイベントの会場にて、ジョー監督は英Metro誌にこう話したのだ。


「こういうことですよ。サノスは止められないヴィランなんです。ほとんど無敵も同然で、高い知性を――天才的な知性を――持っている。この世界(マーベル・ユニバース)におけるチンギス・ハーンのような存在で、彼を止めるには大きな犠牲を払うことになります。彼ら(ヒーローたち)が、その代償をすすんで支払うかどうかを見なければならない。それこそが、これらの映画(2作品)で本当に重要なところなんです。」

たとえば『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でも、ソーたちがまともに太刀打ちできない能力を持つヘラを相手に、ヒーローたちはある代償を払うことになっていた。そうしたテーマ自体は、いくつかのマーベル・シネマティック・ユニバース作品に通底するものといっていいだろう。もっとも『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の場合、その代償が何であるかを予測するのが一番恐ろしいわけだが……。

「つまり、覚悟しておくべきなんです。みなさんには覚悟をしておいてほしい、たくさんのサプライズがありますから。たくさんのユーモア、それから大きな悲しみが待っていますよ。」

 

史上最凶のヴィラン、サノスを相手にヒーローたちはどう戦うのか、そしてどんな展開が待っているのか……。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はもちろん、2019年春公開の『アベンジャーズ』第4作までまったく気が抜けないことになりそうだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: Metro

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。