Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ワカンダ戦、『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』の影響は? VFXスタッフが証言

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成として製作された映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)には、映画史に燦然と輝く『スター・ウォーズ』シリーズの一本、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)との“ある共通点”がたびたび指摘されている。さて、製作陣はその類似をどこまで意識していたのだろうか?

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

巨大なシールド、宇宙から飛来する軍隊

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の後半において、ヴィジョンの額に埋め込まれたマインド・ストーンをサノスの手から守るため、キャプテン・アメリカらはヴィジョンをワカンダへと移す。高度な科学技術と軍事力を有するワカンダを最後の砦として、地球のヒーローたちはサノス一味への抵抗を目論むのだ。

クライマックスにおけるワカンダでの戦闘は、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で描かれる「ナブーの戦い」の設定によく似ている。ワカンダの都市を包む巨大なシールドはグンガン族のエネルギー・シールドを、サノス一味の放つ凶暴な獣アウトライダーズは通商連合(トレード・フェデレーション)のバトル・ドロイド軍を思わせるだろう。最前線でワカンダのボーダー族が使ったシールドと、グンガン族の持つ個人用エネルギー・シールドも用途はそっくりだ。

実際、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でVFXスーパーバイザーを務めたダン・デリーウ氏は、米ScreenRantのインタビューにて、『ファントム・メナス』の存在が「頭の片隅にあった」と認めている。しかし「シールドが街を覆っているのは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)にも同じアイデアがありましたよね」とも。

「(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が)『ファントム・メナス』になぞらえられやすいのは、地上戦が多かったからだと思います。シールドのアイデアはありましたが、(アンソニー&ジョー・)ルッソ兄弟なりの方法になりましたよ。つまり、非常に地に足の着いた、戦争映画的な撮影でしたし、汚しがかかっていて、ある意味ではやや暴力的。ヒーローたちがアウトライダーズに(地面へ)倒されたりね。さらにキャップ(キャプテン・アメリカ)やソーのジョークや、ヴィランの凶暴さのバランスを取って、うまく際立たせるんです。」

すなわち重要なのは設定ではなく、そこで何を描き、どのように演出するのかという点だったのだというわけである。とはいえダン氏は「全員がどこかで『ファントム・メナス』のことを思い出してましたね」とも語っている。おそらく最初は偶然の一致だっただろうが、作り手たちの有する映画への記憶が、無意識的にワカンダでの戦闘をナブーの戦いに引き寄せていったところはあるのかもしれない。

「マーベルが素晴らしいのは、ここには映画オタクがたくさんいるというところ。だから昔の映画を引っ張ってきて、“この映画みたいだ、あの映画っぽい、この映画みたい”って言えるんですよね。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは2018年9月5日発売

Source: SR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly