『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新映像だらけ、TVスポットが米国で公開!夢の共演、いよいよ始まる

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のスポット映像が米国にて公開された。
2018年2月4日(現地時間)、米国最大のスポーツイベント・第52回スーパーボウルの中継で放映された本映像には、わずか30秒ながら見どころがたくさん。瞬き厳禁、ヒーローたちによる夢の共演をいち早く味わってほしい。


本映像は、サムネイルにもある通り、トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、そしてピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)の顔合わせから幕を開ける。
つづいて、予告編には一瞬しか登場しなかったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの別シーン、胸にリアクターの光るトニー・スタークとブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)の対面シーン、ロケットが舵を取る船に乗っているソー(クリス・ヘムズワース)の隣にいるのは携帯ゲームらしきものに興じるグルート……。前回の予告編に登場した、ニューヨークの空に浮かぶ巨大な円形の物体にしがみつくピーターの表情も気になるところだ。

またスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)に目を転じてみれば、新たなアベンジャーズ本部と思しき場所を訪れていたり、ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)と並んでいる時には新しい盾を身に付けていたりと、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)以降の変化を察することもできる。
さらに、予告編には登場しなかったネビュラ(カレン・ギラン)が荒廃した場所で何者かと戦うらしいこと、ワカンダに現れたブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)やバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)の別シーンに注目だ。むろん、ドクター・ストレンジの背後に飛んで現れるアイアンマンという“夢の共演”にも。

オールスターキャストの揃い踏み、その向こう側にある闇の帝王サノスとの対決というストーリーがいよいよくっきりと見えてきた本作。日本公開まで早くも3ヶ月を切っているわけだが、今後はどんな映像が公開されることになるのだろうか。ところで、ホークアイとアントマンはどこなの?

 

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。