『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ソーとロケット、どうしてタッグを組むことに? ルッソ監督が決め手を語る

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)は、マーベル・ユニバースの魅力的なキャラクターが、その垣根を超えて“夢のチームアップ”を果たす作品である。これまでスクリーンでは見られなかったヒーロー同士の、そして俳優同士のコラボレーションが味わえるのだ。

そんな中でも、初めての顔合わせにして本編で重要な役割を担うのが、雷神ソーと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ロケット・ラクーンの組み合わせである。アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、いかなる理由でこの二人を引き合わせることにしたのか?『アベンジャーズ』米公式Twitterにて、二人はその理由を明かした。

注意


この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

© 2018 MARVEL

ソーとロケット、組み合わせのポイントは

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』において、ソーは物語の壮絶な幕開けを経験する。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)で滅びゆくアスガルドから脱出し、おなじみの人物や、新たな顔ぶれを交えてチームを結成したにもかかわらず、その直後にはサノスの軍艦から攻撃を受けるのだ。アスガルドの民は大多数が命を奪われ、ロキとヘイムダルもサノスの手によって殺されてしまった。

ジョー監督は、本作が始まった時点でのソーについて「全作品を通して最悪の状態にある」と語った。しかし、だからこそロケットとのタッグに意味が生まれるのだ。監督にとって、ソーとロケットの出会いは「この映画で気に入っている場面のひとつ」だったという。

「ソーは全作品を通して最悪の状態にあります。すべてを失いましたからね。そして彼とパートナーになったロケットは、おそらくマーベル・ユニバースで一番感情の乏しいキャラクターの一人。ソーが、この共感しないキャラクターに対して自分の思いを打ち明けなきゃいけないとしたら…これは面白い組み合わせになると思いました。それがロケットになんらかの影響を与えるのかどうか、ということも。このシーンの、かくも複雑なところが大好きなんです。不条理で、おかしくて、そして非常に悲劇的なところが。」

ここではソーとロケットのタッグについて説明されているが、思春期を迎えたグルートの存在も見落としてはならないだろう。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで描かれてきた以上に、本作のグルートもまた感情の起伏に乏しい。しかし、そんなロケットとグルートが、ソーが立ち上がるまでの物語に付き添い、そして力を貸すことにこそ大きな意味があるのだ。

 

一方でアンソニー監督は、物語の語り手としての目線からソーの苦しい物語に言及している。

「自分には何も残されていないんだと気づく、それがソーの出発点です。ストーリーテラーとしては、キャラクターがすべてを奪われた状態というのは素晴らしいものなんですよ。僕たちがキャプテン・アメリカの物語を通して扱おうとしてきたものと、(『インフィニティ・ウォー』の)ソーは近いところにある。ソーからすべてを奪った時、そこに何が残っているのかを発見するんです。ストーリーテラーとして、これは僕たちにとっても大いなる旅なんですよ。」

もちろんソーの旅はまだまだ終わっていない。つづく『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)で、彼の物語はどのように続き、そしてどんな結末を迎えるのか。もちろん、ロケットとのタッグがどう変化していくのかにも注目だ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは2018年9月5日発売。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定。

Source: The Avengers

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。