Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ソーとロケット、どうしてタッグを組むことに? ルッソ監督が決め手を語る

ソー ロケット

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)は、マーベル・ユニバースの魅力的なキャラクターが、その垣根を超えて“夢のチームアップ”を果たす作品である。これまでスクリーンでは見られなかったヒーロー同士の、そして俳優同士のコラボレーションが味わえるのだ。

そんな中でも、初めての顔合わせにして本編で重要な役割を担うのが、雷神ソーと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーロケット・ラクーンの組み合わせである。アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、いかなる理由でこの二人を引き合わせることにしたのか?『アベンジャーズ』米公式Twitterにて、二人はその理由を明かした。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

ソーとロケット、組み合わせのポイントは

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』において、ソーは物語の壮絶な幕開けを経験する。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)で滅びゆくアスガルドから脱出し、おなじみの人物や、新たな顔ぶれを交えてチームを結成したにもかかわらず、その直後にはサノスの軍艦から攻撃を受けるのだ。アスガルドの民は大多数が命を奪われ、ロキとヘイムダルもサノスの手によって殺されてしまった。

ジョー監督は、本作が始まった時点でのソーについて「全作品を通して最悪の状態にある」と語った。しかし、だからこそロケットとのタッグに意味が生まれるのだ。監督にとって、ソーとロケットの出会いは「この映画で気に入っている場面のひとつ」だったという。

「ソーは全作品を通して最悪の状態にあります。すべてを失いましたからね。そして彼とパートナーになったロケットは、おそらくマーベル・ユニバースで一番感情の乏しいキャラクターの一人。ソーが、この共感しないキャラクターに対して自分の思いを打ち明けなきゃいけないとしたら…これは面白い組み合わせになると思いました。それがロケットになんらかの影響を与えるのかどうか、ということも。このシーンの、かくも複雑なところが大好きなんです。不条理で、おかしくて、そして非常に悲劇的なところが。」

ここではソーとロケットのタッグについて説明されているが、思春期を迎えたグルートの存在も見落としてはならないだろう。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで描かれてきた以上に、本作のグルートもまた感情の起伏に乏しい。しかし、そんなロケットとグルートが、ソーが立ち上がるまでの物語に付き添い、そして力を貸すことにこそ大きな意味があるのだ。

一方でアンソニー監督は、物語の語り手としての目線からソーの苦しい物語に言及している。

「自分には何も残されていないんだと気づく、それがソーの出発点です。ストーリーテラーとしては、キャラクターがすべてを奪われた状態というのは素晴らしいものなんですよ。僕たちがキャプテン・アメリカの物語を通して扱おうとしてきたものと、(『インフィニティ・ウォー』の)ソーは近いところにある。ソーからすべてを奪った時、そこに何が残っているのかを発見するんです。ストーリーテラーとして、これは僕たちにとっても大いなる旅なんですよ。」

もちろんソーの旅はまだまだ終わっていない。つづく『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』で、彼の物語はどのように続き、そしてどんな結末を迎えるのか。もちろん、ロケットとのタッグがどう変化していくのかにも注目だ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは2018年9月5日発売。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定。

Source: The Avengers

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly