Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』トニー・スタークの未公開シーンが新たに判明 ― キャプテン・アメリカとの関係強調

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)より、ロバート・ダウニー・Jr.演じるトニー・スターク/アイアンマンの未公開シーンが新たに判明した。

このたび、劇場公開から7ヶ月以上が経過して明かされたのは、本作のBlu-rayにも収録されなかった“幻のシーン”。米Collider主催の上映イベントにて、ジョー・ルッソ監督が詳細を語っている。

この記事では、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』冒頭シーンの内容に言及しています。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

『シビル・ウォー』キャプテン・アメリカの携帯電話

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でトニーが登場するのは、映画の冒頭、公園でペッパー・ポッツとウォーキングをしている場面だ。ここでトニーは夢の話をペッパーに聞かせているが、ジョー監督によると、このトニーの初登場シーンには別バージョンが存在するという。制作終盤、追加撮影の段階で別バージョンが実際に撮られていたようだ。

「ペッパーとトニーのシーンに新たなものを足そうとしていました。オープニングには別のシーンがあって、トニーが庭の芝生で椅子に座っていて、キャップ(キャプテン・アメリカ)からもらった電話を見つめている。トニーが電話を手の中で転がしているんです。今でもトニーはスティーブ(・ロジャース)との仲違いについて考えている、ということを改めて強調したいと思っていました。そこにペッパーがやってきて、ドクター・ストレンジも家を訪ねてくるんです。」

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の出来事を映画の冒頭で強調しておくというアイデアは、おそらく、ドクター・ストレンジの屋敷(サンクタム・サンクトラム)でキャプテン・アメリカの携帯電話が登場することを見越してのものだろう。トニーとスティーブの関係性を明確に示しておきたかったものとみられるが、このバージョンは結果的にお蔵入りとなった。

「公園のシーンと比較したんですが、公園の方が(シーンに)エネルギーがあったので、そっちで映画を始めることにしました。時々なにかを足そうとするんですが、うまくいきませんね。」

ジョー監督いわく、Blu-rayにも収録されていない未公開シーンは「このシーン以外は基本的にありません」とのこと。製作費などの制約があるため、脚本段階で必要なシーンを厳密に精査したということだ。ちなみにBlu-rayの特典映像には、公園のシーンでやむなくカットされてしまった場面が収録されている。もしも今回判明したバージョンが本編に採用されていた場合、公園のシーンが丸ごとお蔵入りになっていたのだろう。とはいえ、トニーがキャップの電話を見つめているシーン、単独でも見てみたかった…!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定。

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly