Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』インフィニティ・ガントレットはいつ作られたのか?

マーベル・シネマティック・ユニバースを熱心に追ってきたファンの中には、映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーを観たあとに、とある疑問が生じた人もいたのではないだろうか。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でサノスはインフィニティ・ガントレットを装着していたわけだが、「そもそもインフィニティ・ガントレットはいつ作られたのか?」と。

この問題について、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の製作チームが重要なヒントを語っている。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

https://www.youtube.com/watch?v=ET87HGsLEOk

インフィニティ・ガントレット、いつニダベリアで作られたのか?

マーベル・シネマティック・ユニバースにインフィニティ・ガントレットが初めて登場したのは、『マイティ・ソー』(2011)だった。しかしアスガルドに保管されていたこのガントレットは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でヘラによって「偽物」だとあっけなく言い切られている。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でサノスが装着しているガントレットは、冒頭で触れた通り、『エイジ・オブ・ウルトロン』のポストクレジットシーンに登場したものだ。その場面でサノスのいた場所は正確に示されていないが、『インフィニティ・ウォー』に登場した惑星ニダベリアでガントレットが作られたことを鑑みると、おそらくニダベリア、あるいはサノスが構えていたであろう拠点だと推測するのが自然だろう。

『インフィニティ・ウォー』の劇中において、ガントレットを作ったドワーフのエイトリは、これまでニダベリアがアスガルドによって守られてきたことを明かしている。しかしサノスの思いのままになったニダベリアをアスガルドは守らなかったのだ。ソーはアスガルドが滅んでしまった(『マイティ・ソー バトルロイヤル』)と説明するが、それは『インフィニティ・ウォー』の直前に起こった出来事である。
では、サノスがニダベリアでガントレットを手に入れたのは『マイティ・ソー バトルロイヤル』以降ということだろうか。そうであるならば、『エイジ・オブ・ウルトロン』のポストクレジットシーンは時系列のどこに位置するのだろう?

ComicBook.comのインタビューにて、ジョー・ルッソ監督は『エイジ・オブ・ウルトロン』のポストクレジットシーンでサノスが立っている場所がニダベリアだったことを認めている。

「(あのシーンは)エイトリに関係しているものでしょうね。彼(エイトリ)がガントレットを作ったことは間違いありませんし、あの時点でサノスは実物を手に入れている。アスガルド人とエイトリたちの間にしばらく交流はなかったんですよ。」

すなわち『エイジ・オブ・ウルトロン』の時点でサノスはガントレットを入手していた、その当時のニダベリアはすでにアスガルドと交流がなかったのだ。エイトリが口にした、「アスガルドが守っていた」時代はさらにそれ以前なのだろう。

すると問題は、なぜアスガルドがニダベリアを守らなくなってしまったのか、ということである。これについてはクリストファー・マルクスが米Colliderのインタビューにて明かしていた。

ガントレットが作られたのは、ロキがオーディンのふりをしていた頃だと思います。おそらく(当時の)エイトリはいつもどおりの仕事をしていて、人々はあそこ(ニダベリア)に行ってあれこれ頼んでいたんでしょう。」

改めて整理しよう。すなわち『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)のあと、ロキがオーディンに成り代わってアスガルドを統治していた頃は、(それがロキのしわざかどうかはともかくとして)アスガルドとニダベリアの間に交流がなかったのだ。そんな中、サノスはニダベリアを訪れてエイトリにガントレットを作らせ、『エイジ・オブ・ウルトロン』のポストクレジットシーンでお披露目したわけである。ニダベリアがその直後にサノスの攻撃を受けたのだとすれば、エイトリはずいぶん長い間孤独に過ごしてきたことになる……。

むろん今回の証言からは、『エイジ・オブ・ウルトロン』のポストクレジットシーンが具体的にいつ起こった出来事なのかはわからないままだ。これ以上の詳細は、いずれ公開されるというマーベル・シネマティック・ユニバースの公式タイムラインを待つしかないだろう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: ComicBook.com, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly