Menu
(0)

Search

「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」シーズン2、11月1日よりAmazon Prime Videoにて配信開始

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン

トム・クランシー原作、人気のアクション・サスペンス「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」シーズン2が、2019年11月1日(金)よりAmazon Prime Videoにて見放題独占配信となる。このたび、配信に先がけて日本語字幕付き予告編とキービジュアル、場面写真が一挙に到着した。

Amazon Studiosとパラマウント・テレビジョンの共同製作、数々の人気作を手がけてきたスカイダンス社のプロデュースによる「ジャック・ライアン」は、アメリカのベストセラー作家トム・クランシーが手がけた同名人気シリーズをリブートしたスリルとアクションあふれるドラマシリーズ。シーズン2は全8話構成で、世界200以上の国と地域にて一挙配信される。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン

「ジャック・ライアン」シーズン2では、主人公のジャックがベネズエラのジャングルで違法銃器を運んでいると思われる不審な貨物を追跡し、調査のため南米に向かう。ベネズエラ大統領は、調査によって巨大な陰謀が明るみに出ることを恐れ、ジャックへの攻撃を開始。ジャックと仲間たちは、陰謀を暴くため激闘に身を投じていく。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン

シーズン1に続き、ジャック・ライアン役にはジョン・クラシンスキー(『クワイエット・プレイス』)、ジェームズ・グリア役にウェンデル・ピアース(『THE WIRE/ザ・ワイヤー』)。新キャストとして、ハリエット・ハリー・バウマン役にノオミ・ラパス(『プロメテウス』)、マイク・ノベンバー役にマイケル・ケリー(「ハウス・オブ・カード 野望の階段」)といった、映画やドラマで活躍する俳優たちが出演する。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン

このたび公開された予告編では、様々な危機や困難に立ち向かい、調査に奮闘するジャックやウェンデルの姿が映し出されている。カーアクションや空中戦、身体を張ったスタントなど、これぞ「ジャック・ライアン」ともいうべきダイナミックな映像に今回も期待したい。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン
JR_206_A27_072918_JC_142.ARW

Amazon Original シリーズ「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」シーズン2は、2019年11月1日(金)よりAmazon Prime Videoにて見放題独占配信開始

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly